« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »

2009年4月5日 - 2009年4月11日

aboutme:98490

HMV でメンゲルベルク指揮『バッハ:マタイ受難曲』3枚組歌詞対訳付が 1050 円で買える。…いいのか。イエスがイイ声してる。

JRF 2009年4月11日 (土)

» 続きを読む

aboutme:98488

プラグインは、広告のためにクルティカルなユーザー情報をサーバーからしか取れないようにしていれば、従わないプラグイン開発者には、サーバーからいやがらせもできる。

JRF 2009年4月11日 (土)

aboutme:98486

プラグインの開発キットは有料とする。それは開発キットの開発の対価というよりも「約因」、プログラマの責任をある程度受け容れたと意思表示するためである。そして広告表示部分も開発できるようにし、その公開・デフォルトの機能代替をするときに許諾を必要としてマージンを取る。

JRF 2009年4月11日 (土)

aboutme:98485

私は、自分が隠ししたためているものこそ真実だというのは傲慢なのだと自らにさだめた。そのとき、私は多くを受け継いではいないが、それをネットの向こうにも伝えようとして、違う方法を模索する者ときまったのかもしれない。

JRF 2009年4月11日 (土)

aboutme:98484

何を真実と感じるようになるか、その確信の構造を伝播させるために言外に伝えるという手間を置く。

JRF 2009年4月11日 (土)

aboutme:98483

その話は誰もが過去あっただろうとおぼえる。1クリックか2クリック先に確かにある。そうして人は安心して忘れていく。

JRF 2009年4月11日 (土)

aboutme:98403

>隠されていたことだけが真実ではない。<言外に「隠して」伝え、本人に気付かせることで記憶に留めやすくするのは一つの方法であるが、ネットというのは伝わったかどうかをノンバーバルに確かめ難いため「言ってしまわ」ねばならぬと私は思い致った。隠すべきは検索されうる過去に隠れていけばいい。

JRF 2009年4月10日 (金)

» 続きを読む

aboutme:98400

理数系の勉強というのは、国家にとって必要な理数系の人材は他に比べて得がたく、学生を理数系に導くチャンスに何度か曝させることも大きな目的で、普通人が社会に出てその教科の知識を役立てる度合いに必ずしも応じたものではない。…と私は思っていたが、実際のところどうなのだろう?

JRF 2009年4月10日 (金)

aboutme:98398

陰謀論的な観方に組すれば、過去の罪意識を逃れたい人が日本人対策として覚えた空気操作に染まってる人がいるのかな、とか思う。まぁ、もちろん、その人達だけが罪意識を負い続けるのではなく、核必要だった論にある程度コミットして罪意識を人類的に共有する…とかすることも必要だろうとは思うけど。

JRF 2009年4月10日 (金)

aboutme:98397

国家的宿命論を唱えるわけではないけれど、「核被爆国として核廃絶を訴える」ぐらいのことを日本がやらないというのは、逆に世界の多くの人々から白眼視されることになると思う。

JRF 2009年4月10日 (金)

aboutme:98394

虚言癖は治ってない。そこを正直であるように見せているとすれば、それは虚言が口に昇るより先に、率直なことを言ってしまって、あとで「虚言脳」にフォローさせるという機制が働いているからだと自己分析する。

JRF 2009年4月10日 (金)

» 続きを読む

aboutme:98393

あとやはり広告のための情報集めがどこまでかがわかる「外観」、操作的枠組みを慎重につくるべきだと思う。例えば広告部分もプラグインの規格に厳密に従っていて、どこから情報を得ているかがユーザーにもデバッグ情報としてわかり、一般開発者なら除去できるとか。

JRF 2009年4月10日 (金)

aboutme:98392

新しいバージョンでアドウェアにしたいなら、そのプレバージョンで何日か広告を表示しようと思う場所に、広告を入れたい旨を広告し意見を求めることはすべきだと思う。

JRF 2009年4月10日 (金)

aboutme:98308

最近、少し食べすぎかも。油ものは控えてるけど、炭水化物や甘いものを多く摂[と]ってる。

JRF 2009年4月 9日 (木)

aboutme:98306

どこかに書いたか示唆したと思ったのだが…。P2Pファイル共有は成人規制ありででも認めるべきだと思う。ただし、同時に、ウィルス削除ソフトを匿名のガキでも買えるようにしておくべきだと思う。

JRF 2009年4月 9日 (木)

» 続きを読む

aboutme:98305

アマチュア無線というものがある、そういうものが多少問題があっても「自由」に流通できることはとても大事だ。…でも、それを「西側」世界が押し留めてきた実態もあるのではないか。本当に我々が自由を確保するだけのものが我々の手にあるだろうか。

JRF 2009年4月 9日 (木)

aboutme:98304

一縷[いちる]の望みをかけ、宇宙から資源を持ってきて経済を活性化することに世界政府が投資をする。……でも、アマチュア無線でまだ確認されてないということは失敗したんだろうけど、それを成功と言っている。そういうこと、つまり宇宙開発は統治のためのフェイクでしかないこと、をどう防ぐ?

JRF 2009年4月 9日 (木)

» 続きを読む

aboutme:98303

宇宙が必要になる状況ってどういうものだろう?『ハローサマー・グッドバイ』ばりに地球にヒドい氷河期が訪れる。温暖化否定論者の示唆してしまっているごとく人間の活動くらいでは温暖にできず、かといって人口を大幅に減らすわけでもないため、資源の消費を強い統制によって制限する。

JRF 2009年4月 9日 (木)

» 続きを読む

aboutme:98302

>体制批判には繋げるべきではない<というのは体制批判をするなという意味ではない。宇宙利用が認められうる政体ではない、というのはおかしいということ。……そうだろうか?

JRF 2009年4月 9日 (木)

aboutme:98245

先のトラ猫、今日は歩いてた。子供がかまおうとするところをその親がたしなめていたが、猫は知らんぷりしていた。春の快晴、平日でも人が多い。

JRF 2009年4月 8日 (水)

aboutme:98244

ちなみに私は国章に準じる聖典などにもその保護を広げて良いと思う。2001年の5月25日ぐらいにクルアーン切り裂き事件があったが、何らかの対応をとるために必要と、某所に投書したこともあった。

JRF 2009年4月 8日 (水)

» 続きを読む

aboutme:98242

他国の国旗を焼いたりすることは罪に問われる。(刑法 92 条 外国国章損壊罪)。これが「他国」という限定があるのは、自国ならば自分の国を良くすることでその国章への尊敬を得るべきと言えるが、他国の場合一方的な報道などで損壊が起きうるためどこかでかけるべき歯止めとしてある。

JRF 2009年4月 8日 (水)

» 続きを読む

aboutme:98241

生きているうちに何かできるはず。

JRF 2009年4月 8日 (水)

aboutme:98240

憤りを持ちつづけることを個人が選択するのは尊いことだが、社会が憤りを持ちつづけることが正義であるとして圧力をかけるようになると、不幸が不幸を固定する社会になる。私は人を不幸と不自由に導くものを正義だとは認めない。その「正義」は未だ正しい表現によっていないのだろう。何かできるはず。

JRF 2009年4月 8日 (水)

aboutme:98237

彼の国にとっては窮乏は現実であり、その体制においていかに宇宙を目指すかの実験は有用ですらあるかもしれないという観方を、妄想的な私はとる。それが評価されるような時代を導かないために何をやっているか、温暖化の科学を嘲笑しても、環境への配慮をどう構築するか展望がなければ、片手落ちだ。

JRF 2009年4月 8日 (水)

aboutme:98236

宇宙を「利」用するのではなく、宇宙を「必要」とするという状況になったとき、世界はどういう体制を敷[し]いているだろうか。SF な想定だが、私は宇宙利用が本当である限り、体制批判には繋げるべきではないと考える。もちろん、その「副次的効果」は大いに批判というか非難すべきだが。

JRF 2009年4月 8日 (水)

aboutme:98175

猫の模様って石に擬態するためにあるのかなぁ。…とクボミに丸まって寝ているトラ猫を見て思った。ここ数日、同じ場所で寝ている姿ばかりで歩き回る姿を見てないので心配。

JRF 2009年4月 7日 (火)

aboutme:98174

銃を支持する保守派が、なぜそうなのかを声高にせず気付かせようとする。それはその時代に必要とされないなら、確かにいらない知識だと彼らも思っているからだろうか。または、世界のどこかでは必ず共感する者が、悲しいけど、いるんだという達観があるのか。

JRF 2009年4月 7日 (火)

aboutme:98173

情報を伝えない組織を作らせようとするのは市民を愚かにしようとしているのだ。…という形でとらえる陰謀論は、逆に、意味のある情報が上にしかないのだという確信を強めていないだろうか。愚かなのが「権利」とまでは言わないが、上にとって不利になるようにするにはどう行動すればいいんだろう?

JRF 2009年4月 7日 (火)

aboutme:98172

情報を伝えないことで国民が愚かになる、というのは否定されていないが、メリット・デメリットで測るモデルでもできて、それは主観的にならざるを得ないからそうしてるんだ、何かの主観は層状にみるしかないんだ、というのがあるのではないか。それを否定する私の言説は↓か。

JRF 2009年4月 7日 (火)

» 続きを読む

aboutme:98170

ネット配信では在庫はほぼ無限で、作品価値をわかろうとする必要はなく、いかに人を集めるかだけが重要となり、情報分散することのメリットも薄くなる。政治的情報抑圧に弱くなる。

JRF 2009年4月 7日 (火)

aboutme:98169

ブクマ↓について補足。仮に名前が刻まれたとしても動産である以上その転売が「匿名」でできることも重要。情報の出どころの追及をお互いに及ばせないことができる。

JRF 2009年4月 7日 (火)

» 続きを読む

aboutme:98127

アドウェアを受け容れるのは PC の自動監視を受け容れたという外観を造る。Yahoo!の会費に追加料金を払えば外せるのならいいがアドウェアは許せない。

JRF 2009年4月 7日 (火)

aboutme:98125

Yahoo! メッセンジャーがアドウェアになり下がった。オークションの通知にとても便利だったけどアンインストールするしかないか。不便になるがしかたない。

JRF 2009年4月 7日 (火)

aboutme:98073

だが、そんなところで恣意性を発揮する必要はないという確信も私にはあるな。

JRF 2009年4月 6日 (月)

» 続きを読む

aboutme:98072

それは危険ではないかとも思うが、そうすることで強い社会、社会が壊れても「彼」に似た者達が現れ復活をさせうるという意味で強い社会ができる、というのはあるのかな。それを待つのが「政治」だ、と。

JRF 2009年4月 6日 (月)

aboutme:98071

見ても見えない、聞いても聞こえない、知っても知らない、とさせる。そういう状況でも知って語る者が出てくるところに神の働きを見てしまう、というのはあるかな。そういう状況を作るために情報を出させない。

JRF 2009年4月 6日 (月)

» 続きを読む

aboutme:98070

情報はいろんなところに行き渡っているけど、行き渡ってないふりをさせるのが上層のあり方で、知らなくても知ってるように対応できるようプロトコルを用意しておくのが下層のあり方。両者の間に幻想を造り出すのが中間層。…古い組織だとありそうだけど…。

JRF 2009年4月 6日 (月)

aboutme:98069

それはまた別か。

JRF 2009年4月 6日 (月)

aboutme:98068

…情報を留めようというものをつぶし合いをさせ、被害は少なくする…案外、銃社会も答えか?

JRF 2009年4月 6日 (月)

» 続きを読む

aboutme:98067

情報を出させないことが何かを抑止することがあるのだろうか。情報を出すことで抑止に失敗する機序は、情報を出すことに不利益を感じたものが情報を出せる立場を利用して陰謀的策動を起こすというものではないか。仮にそうだったとしたらどう防止する?二つの組織を造る?

JRF 2009年4月 6日 (月)

» 続きを読む

aboutme:98063

「ある方向」に導くのではなく情報そのものが与えられない層ができたという気もするが、(もちろん私のように自分から情報から疎外されるあり方も昔からあったろうが、)これは世界的な情報体制の構築に組み込まれた結果であって、日本の誰かが好んで選択をしたのではない、という印象がある。

JRF 2009年4月 6日 (月)

aboutme:98062

日本にいる外国人を射程に入れて、日本国民にある方向の情報を与える。敵を欺くにはまず味方から、といった姿勢は昭和のころほどはない。また、他者の日本国民像を通して日本国民のあり方を規定しようとするのも少なくなった。

JRF 2009年4月 6日 (月)

aboutme:98060

統制がとれ過ぎているというわけでもないと思うが、ネットでは自由にしゃべっているという雰囲気が前よりは消えた。しかし、それはある勢力だけが自由にしゃべって他を抑圧しているのが消えたという印象のほうが強い。前ほど炎上しないともいっていい。まぁ、この先数ヶ月どうなるかはわからないけど。

JRF 2009年4月 6日 (月)

» 続きを読む

aboutme:98058

それが不況で、「小泉改革」のような自由の方向ではなく、官僚主導で右の方向に舵を切っていることにされる…か。実態はどうなのだろう。

JRF 2009年4月 6日 (月)

aboutme:98056

でも、それは一面において選挙が機能していることを示す。「一党支配」ではないのですよ、というメッセージにはなるのかな?

JRF 2009年4月 6日 (月)

aboutme:98055

昨年末のイスラエルの空爆をイスラエル内の選挙にからめる観方があったが、日本の「飛翔体」に対する「過剰反応」もそう見られるのだろうか。特に野党党首の「疑獄」もあったので、外面的には、保守勢力の「陰謀」に検察もマスコミも加担しているという構図にとらえられるかもしれない。

JRF 2009年4月 6日 (月)

aboutme:98053

すごいスピードでカラースターがなくなる。いや、でも、文章への対価とするなら新聞などに比べてそう高いわけではないのだけれど。他のネットのサービスと比べると払いすぎという感覚が強くなる。出せない額ではないが、私のような者だけが出してどうにかなるわけではないし、意味もないとも思うが…。

JRF 2009年4月 6日 (月)

«前のひとこと

« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »

このころのニュース