« 2009年7月12日 - 2009年7月18日 | トップページ | 2009年7月26日 - 2009年8月1日 »

2009年7月19日 - 2009年7月25日

aboutme:106051

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタの第30番と第31番が良い。バックハウスの四大ソナタ集で番号が上の「第23番 熱情」をあまり好きになれなかったので、後期ソナタを敬遠していたけど、じっくり聴くと、細やかに、人に希望を忘れさせまいとする強さ、想いの確かさがあった。

JRF 2009年7月25日 (土)

» 続きを読む

aboutme:106048

>四半期ごとに、受け取れるサイトで投げ銭準備金(5000pぐらい)の精算をしようか<。準備金をボーナスとしてすでに投げ銭できたところに一定の倍率で分配する…とかしたかったが、はてなのシステムではそれをしづらいのでやらなかった。

JRF 2009年7月25日 (土)

» 続きを読む

aboutme:106043

無差別殺人というのは昔は、もっと、起きにくかった。それは異常な人が増えたから…ではなく、心神耗弱が問われることが少なくなったため。昔は、無差別性を心神耗弱につなげやすくすることで、動機解明へのインセンティブをつくり、理由なく殺されることは珍しいという「信仰」を維持せしめていた。

JRF 2009年7月25日 (土)

» 続きを読む

aboutme:105947

(キタナイ話で恐縮です。)

JRF 2009年7月23日 (木)

aboutme:105946

どうも腸の調子がおかしい。(いつもの「お腹が痛い」のとは違う。)水のような下痢が出たり、便が「いつもの時間」に出なかったり。

JRF 2009年7月23日 (木)

aboutme:105942

[アイデア] 貸出アフィリエイト。ブクマ↓の補足。貸した音楽を聴いた人が気にいって購入したとき、その利益の一部を貸主にキックバックする仕組み。有料の貸出まで「公正」とはしないが、正規販売者または大量販売者がリスクを負って行うアフィリエイトで利益を得ることは「公正」と認めるべき。

JRF 2009年7月23日 (木)

» 続きを読む

aboutme:105881

応対がうまくできない。こんな基本的なことが…ということができなかった。

JRF 2009年7月22日 (水)

aboutme:105879

>間接侵害の和解と「三位一体」説<は、神学に繋ったから真実に近い…のではなく、むしろ、「一度通った道」臭がすると考えたほうがよい。「聖霊的責任」が「聖霊の時代」を想起させることも、「終末」の喜ばしい予兆ではなく社会の「死亡フラグ」で、おかしな方向に行きかけてると考えたほうがよい。

JRF 2009年7月22日 (水)

» 続きを読む

aboutme:105878

「若い衆」が選挙前にいろいろ試しているだけならよいが…。社会操作の恐ろしい点は、本当は操作の効果なんかほとんどないのに、それが貢献をしたと信じて幼稚なまま手を広げること。本当は効果がないのだから、都合の悪い情報が上がってくる。それがなくなるように操作するという選択をさせてしまう。

JRF 2009年7月22日 (水)

» 続きを読む

aboutme:105877

裏がとれない「事実」で、自分はそれを憂慮しているとしながら、どうも偏見を形造ろうとしているのではないか、と見える「匿名日記」をいくつか読む。近くで軽犯罪があるという噂があるという話も聞く。今は「ファシズム」がするとする手法のようだ。

JRF 2009年7月22日 (水)

aboutme:105826

風邪かな?どうも目(の奥)が痛く、頭痛に変わってきた。

JRF 2009年7月21日 (火)

aboutme:105825

クレンペラー指揮『ブラームス:ドイツ・レクイエム』。「6、この地上には永遠の都はない」。苦しい。激しい曲だとは思っていたが、この合唱は異常だ。ああ、彼らもそれは狂気であるとわかっているのだな。戦争の時代を生きた人々が神の創造をたたえる。これは…ニヒリズムだろう。

JRF 2009年7月21日 (火)

» 続きを読む

aboutme:105824

フェアトレードで中間搾取があるからダメだとかいう議論には私は与[くみ]さないが、誰が作ったかを特定できるというのは、それ以外の「匿名者」のチャンスを奪ってないかというのは気にかかる。

JRF 2009年7月21日 (火)

aboutme:105821

もちろん、そこには搾取の構図がありえるわけだが、同時に「匿名者」に働くチャンスを提供しているという側面がある。この構図がうまく作用すれば本来なら人々は匿名の貧困者をなくそうという方向に動くはずである。

JRF 2009年7月21日 (火)

» 続きを読む

aboutme:105820

長期に互いに知り合わずに物資を手に入れられる前提として、物資を手に入れるための仕事をどこで見つけるかという問題がある。働き口の「親方」が仔細を問わない可能性があるのは、商品を誰が作ったか消費者が気にしないことが担保となる。

JRF 2009年7月21日 (火)

» 続きを読む

aboutme:105817

それとも、結果の「勝ち幅」みたいなのが大きくなれば儲かるような賭け方なんだろうか?和平を結ぶと損をするとか?それは逆に穴があるように見えるけど…。

JRF 2009年7月21日 (火)

aboutme:105816

戦争のときにどちらが勝ってもいいように賭けるのがキタナイみたいな印象を与えることがあるけど、賭けを維持するコストがかかるわけで、両方に賭けるというのは単に早期終結に賭けることを意味し、戦争に関してはまっとうな賭け方ではないか。ただ、世の中には「早期終結」がよくないものもあって…。

JRF 2009年7月21日 (火)

» 続きを読む

aboutme:105766

背中がかゆい。

JRF 2009年7月20日 (月)

aboutme:105765

贈与による経済ってのは、P2Pファイル共有につながる「多くアップロード(または流通)したものがダウンロードできる」というシステムで、ある程度実現できている。ただし、それを生活必需品に変える方法は確立していないといったほうがよいだろう。(私は知らない。いくつか思考実験してるけど。)

JRF 2009年7月20日 (月)

» 続きを読む

«前のひとこと

« 2009年7月12日 - 2009年7月18日 | トップページ | 2009年7月26日 - 2009年8月1日 »

このころのニュース