« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:116912

発生学的な脳の陰喩…。八方の玄義につらなる時間の覚悟があるとき、群盲象を評す的に表せば、脳はピンクの象のように映るのではないか?「左右に二枚の大きな皮膚。中央から伸びた万能の一つの器官。感覚をコントロールする中枢。…」

JRF 2010年1月 4日 (月)

keyword: ガネーシャ

《メガテン 第二集 ガネーシャ [ JRF の私見:雑記 ]》
http://jrf.cocolog-nifty.com/column/2006/07/post_1.html

JRF 2010年01月04日 8809

typo 「陰喩」→「隠喩」。

JRF 2010年01月04日 8701

《「八方」の玄義 [ JRF の私見:雑記 ]》
http://jrf.cocolog-nifty.com/column/2009/02/post.html

↓で>干渉前と干渉後で脳の状態は違っていなければならない。<と書いているが、これは、まさに>直接に外界を観測してもよ<いということなので、脳に魂の影響が出ているとは限らないという面がある。

《忘却からの帰還: 魂を橋頭保とするインテリジェントデザインのEgnor》
http://transact.seesaa.net/article/123838023.html

JRF 2010年01月05日 6437

要するに、「脳が魂の説明の〈この部分〉に相当する」と言わせて、それを外部(肉体含む)系由で伝わるようにすれば、その科学的説明を refute する構図が描ける。そこへの警戒が今度は必要になる。

参↓
《魂の座 [ JRF の私見:宗教と動機付け ]》
http://jrf.cocolog-nifty.com/religion/2006/02/post_10.html

あと↓の『兎の結婚式』も関連か。
《昔書いた短編小説 [ JRF の私見:雑記 ]》
http://jrf.cocolog-nifty.com/column/2007/08/post.html

JRF 2010年01月05日 4427

群盲…のキメラ的言説について最近のひとことでは↓を参。

《JRFのひとこと:神殿売春や幼児供犠のカゲがチラつく。 : アバウトミー : @nifty》
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/114757

JRF 2010年01月06日 6246

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51548633

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» aboutme:125348 from JRF のひとこと

我思うゆえにありうるのは我々までであって、我が自立して存在するとまではいえない。しかし、常に我々と思えないほど人は絶望的に孤独であり、そこに多くとも「我」しかない。孤独ということは、私を我々と思うのを Imaginary に留めねば、生物として危ういということである。... 続きを読む

受信: 2012-01-05 17:17:51 (JST)

» aboutme:117655 from JRF のひとこと

『日本の呪い』という本を読んでいる。そこに→のような記述がある。>呪禁師[じゅごんじ](…)彼らは、大きくわけてふたつの呪法を行っていた。人形を用いる「厭魅[えんみ]と動物の霊魂を操る「蠱毒[こどく]」である。(p.91)<... 続きを読む

受信: 2012-01-06 09:11:04 (JST)

このころのニュース