« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:117752

鍵盤の向こうには弓(弦)があった…。今、キーの先にそれはなく、「効続距離」の遠くで電気技術者が正弦波を見ている…。弓も知らずにキーからのみ読む…それではまずいから「オタマトーン」なのだろうか?楽譜に書くのはオタマジャクシ。弓を使う「蟇目法」の蟇[ひき]は蛙。…両生類に秘密が?

JRF 2010年1月18日 (月)

ありえない。両生類に進化的に音楽が結びついたとしても、それは一般に何かがいえ、それを両生類も満たすからそうだとなるだけだろう。…その「一般」を求めるのが「天使算」…ってことはないだろう?

オタマジャクシは精子に似ていることを私達は知っている…。

《オタマトーン》
http://www.amazon.co.jp/dp/B002IGTP00

(鍵盤の向こうは、笛でもあったけど。)

JRF 2010年01月18日 0833

話かわって、バレエを観る。許されない結婚のための計算…。わざと周期をずらしたりしたものを娶[めあ]わせるためにイメージで争う…。ネズミと人とで共通の病もあれば同じ病もある…。病を利用して進化の方向を決めたことはなかったか…。病気の発現を何かで抑えられると「狂人」が誓う…。

(バレエは↓のDVDと同じもののはず。 2009年12月20日にNHK BS hiで録画したものを観た。)

《ドン=キホーテ》
http://www.amazon.co.jp/dp/B0000844CK

JRF 2010年01月18日 9071

ヴァイオリンの原型というものがあると考えると、「二本の弓」になる…か。

《擦弦楽器 - Wikipedia》
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%93%A6%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%99%A8

JRF 2010年01月19日 7509

修正はしませんが、弓の正しい数え方は「一張り」または「一張(ちょう)」なんだそうです。

JRF 2010年01月20日 6887

どんな名手でも一張りの弓で一里先の心臓を射抜くことはできないが、二張りの弓なら、永遠をへだてた心を射ぬくことができる。

…なんてね(^^)。

JRF 2010年04月22日 0679

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51548652

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» aboutme:123080 from JRF のひとこと

兵を射んとすれば、まず将を射よ…ってどんだけ将が慕われてるのよ!(^^)。 続きを読む

受信: 2012-01-05 21:41:52 (JST)

このころのニュース