« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:120313

心筋梗塞のニュースが気になる。この前のサイエンスZEROで心臓が止まったとき救急人工心肺を使って脳を先に救う話があり、人工心肺や体制づくりなどのコスト面が問題になっているということだったが、予算を付けやすくするため、「心筋梗塞」の判断の基準が変わったとかあるんだろうか?

JRF 2010年3月 2日 (火)

《サイエンスZERO | これまでの放送 | 295 シリーズ最新科学が見つめる生と死④ 揺れる生と死の境界~救急医療の現場でみる脳死~》
http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp295.html

《森本レオ 心筋梗塞で入院していた/芸能・社会/デイリースポーツonline》
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/03/02/0002752008.shtml
>2月27日午前10時ごろに自宅で起床した際、胸からみぞおちにかけての違和感を訴え(…)近日中に退院する見込み<。

JRF 2010年03月02日 4866

《奈良新聞WEB | 社会 | 拘置中の元医局長死亡》
http://www.nara-np.co.jp/20100226103941.html
>「山本病院」(破産手続き中)で肝臓手術を受けた男性患者(…)が死亡した事件(…)元病院医局長が25日、拘置中の(…)署内で倒れ(…)死亡した。死因は急性心筋梗塞(…)。拘置期限は27日までで(…)容疑者は狭心症や食欲不振を訴えていたという。<

JRF 2010年03月02日 6310

そして、(関係的に)近くで、30代で子供(第二子)が産まれたばかりで心筋梗塞で亡くなった男性がいる。

JRF 2010年03月02日 9760

森本氏の症状は↓で書いたものに似ている。上の「基準」が変わったのと自分がそういうのを気にすべきトシ格好だというのの他に、「体験」があるので、個人的には、おかしな病気が蔓延しているのではないかという印象を抱く。

2010年01月18日
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/117737
>昨日、歩いているといつもとほぼ同じコースなのに、息があがった。テレビやネットを見ていても、どうも循環器系に負担がかかっているというふうに読める話が多い気がする…。<

JRF 2010年03月02日 5757

2010年02月10日
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/119178
>また、調子を崩す。今度は、「神経系」の感じがする。(…)これは、ここ二日ほど急に気温が上がったのが影響しているのだと思う。広く言えば風邪なのだろう。(…)もう少し詳しくいうと、胃そのものが痛いわけではないけど、そこに向かって耳の下あたりからの軽いしめ付けがある…といった感じ。<

JRF 2010年03月02日 3486

また、そのころハイチ地震があり、「心臓の楽器」(バンドネオンではない)について書いていた(↓)のが印象を強くする。
2010年01月19日
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/117811

JRF 2010年03月02日 4175

奈良の事件は↓。
《山本病院事件 「医師の裁量」監視に壁 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)》
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20100228-OYO1T00281.htm?from=main1
>事件前、生活保護受給者の治療費が全額公費で負担される制度を悪用。受給者の患者に対し、血管拡張器具を使ったように装って心臓カテーテル手術を繰り返し、診療報酬を不正受給した。<

JRF 2010年03月02日 8644

もちろん、生活保護に関して、疑うとすれば先にヤクザ絡みというのがセオリーなんだろうけど…。

生活保護者の保険制度の再構築、患者の転地と専門外点数の見直しにより「実経験」の必要性の減少、自殺幇助と殺人などに対する科学捜査および組識性の基準の見直しが必要か…。

JRF 2010年03月02日 2657

時効延長(参↓)の理由として科学捜査の発展が挙げられることがある。科学捜査が発展した社会では科学的な殺人方法も発達している。科学者が殺人に加担しないようにリベートを渡す方法をつくり、また、証拠保全方法を開発し、組識構造の探知・推定や外から組識内責任をコントロールすることも考えねばならないとでもいうのか…。

http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/120012

JRF 2010年03月02日 8773

朝日新聞 2010年3月3日 大阪 13版 34面(社会面)
に「生活保護の通院費 緩和」と「無料低額宿泊所 転居に敷金支給」という記事があった。後者には>自治体が不適切な施設と判断した場合は敷金などの支給はしない。<とある。


《asahi.com(朝日新聞社):生活保護で、免許取得費、通勤費の支給条件緩和 厚労省 - 関西住まいニュース》
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201003030018.html

敷金については最近、「賃料」に関するひとことを書いていて目に留まった。

JRF 2010年03月03日 3259

「通院費」というのは「保険制度」と「転地」の組み合わせたところの現実解とも読める。

「転地」については↓のひとことが頭に残っていた。

http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/115072
>梅毒とマラリアの話がもしその時代にも知られていたとすれば、一縷[いちる]の望みをかけて熱帯に向かうということはありえたかもしれない。 <

転地には似た症状のものを集め(像に表された「症状」に思いあたり自発的に集まることを含む)経験を、ときに世代を超えて積んでいくというヴィジョンがあるのかもしれないが…。

JRF 2010年03月03日 0662

でも、症状が似ていても違う病いというのはよくある。転地が医師に築きあげる印象が、本来なら回復する命を摩滅することもあるのではないか。全体を見るとき像に地域が反映するよう、履歴を追い把握する必要もあろう。病院において統計の事務を診る上司の処遇を問題にすべきなのだろうか。

P2P 的技術で遺伝子情報の分散管理をしたほうがいいのでは…ということも2009年06月15日(2006年10月13日)にも書いているが、それとこれは対立するかな。どうすりあわせるか…。
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/102938

JRF 2010年03月03日 5092

遺伝子情報については↓で書いたような認証済(数学的機械証明済み)プログラムを P2p でやりとりすることを考えている。そこは「流出」があってはならない。もちろん、「捜査機関」からも護らねばならない。

《セキュアジャパン 2006 の Winny 対策としての VM は釣り?》
http://jrf.cocolog-nifty.com/column/2006/04/post_16.html

JRF 2010年03月05日 6322

しかし、ジョン・ドウ起訴(DNA起訴)に時効延長を認める心象を考えると、ある種のハッキングの「努力」だけは可能となっている必要があるかもしれない。

《ジョン・ドウ起訴 - Wikipedia》
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A6%E8%B5%B7%E8%A8%B4

JRF 2010年03月05日 0902

とすると…。認証済プログラムはローカルに動いたあと数値を(↓で書いたような)エージェントプログラムとして「クラウド」に返し、そこで集計する。エージョントの「痕跡機能」を使うなどしたハッキング戦を可能にする。…といった具合か。

《JRFのひとこと:賃借の際(…)第三者の善意取得をいかに否定するか(…)? : アバウトミー : @nifty》
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/119507

JRF 2010年03月05日 2966

あとハッキング法による「武装」だけでなく、↓あたりで示唆した公開鍵の管理を弁護士が行い、それを「籠絡」できる者に支持された者が、政治的に戦う文脈もある。そこから P2P のローカルマシンやバックアップへの距離を離すにはどうすればいいのだろう…。「上司の処遇」で片[かた]がつくのか?

keyword: paperkey
《JRFのひとこと:出エジプト記(…)すなわちニンゲンの条件は何だろう。》
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/103078

JRF 2010年03月05日 2403

(ハッキング法による市民的「武装」について言及したのは↓の影響を受けた。)
《徴兵制云々でTwitterでつぶやいた - finalventの日記》
http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20100304/1267746857

JRF 2010年03月05日 0456

「痕跡機能」は「根跡機能」と書いたほうが rootkit の語感が出るかな。

《ルートキット - Wikipedia》
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88

JRF 2010年03月05日 6144

typo 「組識」→「組織」。

JRF2014/7/254907

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51548703

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» cocolog:69118805 from JRF のひとこと

ウィルス作成罪も児童ポルノ法も詰みの一手が打たれている感じ。前者は結局、条文を崩せなかった。後者は地境解釈の明確化が進んで、パージに便利なデータベースの運用が特に批判もなくされるようになった。HDD の「データ」に関し、器物損壊罪が認められ「罪刑法定主義」の壁も失せていく。... 続きを読む

受信: 2012-01-04 17:21:38 (JST)

» aboutme:134755 from JRF のひとこと

個人が「プログラムの権利」たとえば特殊な検索方法の権利を持つのに意味を持たせようとすれば、単純には、まず検索対象となるデータを囲って、そこでプログラムを実行するのを特権化すれば良い。「クラウド」とは要するにこの方向ではないか?... 続きを読む

受信: 2012-01-05 07:56:01 (JST)

» aboutme:129003 from JRF のひとこと

ウェブ魚拓みたいなものを完璧にする。…それは善いことばかりか?選択的に劣化…要するに、政治的に情報を破壊する意志があり、それが可能となる権力を持つ者が出たとき、分散保存がされているならその分だけ、それ以外のデータともども破壊の範囲を拡大させることになる。... 続きを読む

受信: 2012-01-05 11:50:04 (JST)

» aboutme:120915 from JRF のひとこと

時効延長を翻意させるのに、官僚等が時効延長の害を受ける対象となるよう考えたい。安直には、国家組織の時効の問題にする…。しかし、それこそ、死刑廃止派の大臣が時効延長を進める理由であり、東京裁判にはじまるとできる人道に対する罪に時効がないことが逆にこの議論につながっている面もあろう。... 続きを読む

受信: 2012-01-05 23:31:19 (JST)

このころのニュース