« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:124053

ミュンヒンガー指揮『ドヴォルザーク:弦楽セレナード 他』。弦楽セレナーデというものは繊細で美しい。何度か聴き構造を識るごとに美しく感じるようになる。その感じ方を省ると、オーディオを選ぶ曲と言えそうだ。スークのセレナーデとグリークのホルベルク組曲に繋りが見えるのがこのCDの特徴か。

JRF 2010年5月 8日 (土)

ミュンヒンガー指揮『ドヴォルザーク:弦楽セレナード 他』
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3770278
http://www.amazon.co.jp/dp/B0036BDQOC

↓のサイトの紹介でスークのセレナーデに興味をもったのがこの CD 購入のキッカケ。
《安敦誌 : 必ずしも牧歌的ではないチェコ音楽》
http://antonin.exblog.jp/11597090

この CD は全曲とも楽しさが基調にあり(もちろん哀愁もあるけど)、オススメしやすい。

JRF 2010年05月08日 7060

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51548739

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース