« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

aboutme:128694

ワルター&ウィーンフィル『マーラー:交響曲 第9番』(1938年)。マーラーが世紀末ウィーンの退嬰的または退廃的雰囲気を反映していると言われても、これまでよくわからなかったが、この演奏を聴くと、「自然」で働くミュシャの描くような女性と、黒ずんだ石の街の映像が次々と浮かんだ。

JRF 2010年7月31日 (土)

» 続きを読む

aboutme:128605

訴訟社会が「謝らない文化」を作るという論があるが、例えば、そのとき謝らなかった者は、絶対に落ち度がなくそれは立証できるほどだと主張したに等しいとして、裁判で立証の義務を強く負わせるよう訴訟指揮すれば、謝罪しておくことが不利にならないようにできるのではないか。

JRF 2010年7月29日 (木)

» 続きを読む

aboutme:128485

創世記41章から47章のヨセフの政策。普通には、不作だと殻物価格が上昇してインフレと考えるところだが、このときはカネさえあれば「給付」は受け取れたようだから、問題はカネがあるかどうか、すなわち、デフレだったのではないか?

JRF 2010年7月26日 (月)

» 続きを読む

aboutme:128412

フルトヴェングラー指揮『モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」』。重唱とその伴奏が様々な音域でビタッと合い、こんなにオペラが音楽をなしているのは、私のオーディオ機器でははじめてではないか。モノラルの魔術、造り込まれた芸術。いろんな意味でこのような作品はもう造れないだろう。

JRF 2010年7月24日 (土)

» 続きを読む

aboutme:128297

駅の階段を駆け降りているとき、ブチッと鳴ってふくらはぎに何か当たったように思ったら、次の瞬間、痛くてほとんど歩けなくなった。診てもらったところ、肉ばなれ、全治2,3週間とのこと。しばらく歩くのに不自由な日々が続くようです。

JRF 2010年7月22日 (木)

aboutme:128065

関西限定なのかな?サンガリアの「ひやしあめ・あめゆ」。子供のころ、「飴のもともとの味」はなぜか「黄金糖」だと思っていて、その想像した味と違う冷やし飴は、とてもマズいものという印象を持った。でも、今はその生姜の味がおいしい。サンガリアのは実際「初心者」向けに改良されてもいるのかな?

JRF 2010年7月17日 (土)

» 続きを読む

aboutme:127951

Firefox 3.6.6にアップデート。遅かったりおかしかったりした普通の Sage を感謝しつつもイヤイヤ使うと、今回は、Ctrl+左クリックで新しいタブに開くというのがうまく機能せず、2回目のクリック以降、複数選択になってしまった。中(ホイール)クリックを使えということか。

JRF 2010年7月15日 (木)

» 続きを読む

aboutme:127913

宛名のラベルを印刷しようとして困った。Office 系は入れず、TeX でという方針ではあったのだが、さすがに面倒だ。メモ帳じゃ、いまいち。…というところで、「ワードパッド」の存在に気づく。…ごめん。HTML があるのにリッチテキストなんてクソだと思って以来、忘れてましたっ。

JRF 2010年7月14日 (水)

aboutme:127907

Xbox 360 のゲームで、せっかく「ストレージ」を買ったのに、二つ目のセーブデータとして機能させられない。そのゲームは、甥が来たときのために買ったようなものなのに、彼用のデータを、これじゃ、作れない…。と思っていろいろ調べたら、新しいゲーマータグを作ればいいだけの話だった。

JRF 2010年7月14日 (水)

» 続きを読む

aboutme:127869

仕舞屋(しもたや)が安全だったのは、不動産はあればあるほど人が増えるもので、人が増えれば、なんだかんだでお上[かみ]も不動産を与えねばならず、そこが最後は金を払ってくれるはずだったからではないか。それが崩れて少子化となったのは、法人の考え方とテレビなど性行為代替誤楽の発達のせい?

JRF 2010年7月13日 (火)

» 続きを読む

aboutme:127865

トレーディングカードとネットゲームの組み合わせを考えるとき、家庭にあるスキャナ(付きプリンタ)で、そこそこの偽造防止&認証付きでトレーディングカードを読むとかいう技術はないのかな。ネトゲ会社から配られる光学的に「個性」のあるフィルムケースにカードを入れて、それをスキャンするとか。

JRF 2010年7月13日 (火)

» 続きを読む

aboutme:127740

小澤征爾&ベルリン・フィル『プロコフィエフ:交響曲第7番』。ばかばかしく大仰に見えたとしても、けっこういいとこもあるよ。若人の熱い想いは変わらないし、最良の物が手に入らない、最良のことができないことが理解できるという苦悩は皆に等しくある。

JRF 2010年7月10日 (土)

» 続きを読む

aboutme:127739

定数の条件を出そうと思って、いろいろ制限を付けて計算していたら、条件なしに成り立つことが証明できてしまった。これはおかしいと見直したところ、Sum E_T(s - E_k(s))^2 を Sum (E_T(s) - E_k(s))^2 とみなす初歩的なミス。

JRF 2010年7月10日 (土)

» 続きを読む

aboutme:127555

労働価値説に対する三つの質問。(1) 詐欺は労働か。(2) 詐欺は価値を産み出せるか。(3) 金利生活者は詐欺師か。

JRF 2010年7月 6日 (火)

» 続きを読む

aboutme:127451

新国立劇場『ベルク:ヴォツェック』。すばらしく理想的な狂気。気持ちワルイ。音楽から連想する場面はもっとファンタジックだが、その幻想という狂気は、たしかに、ここに描かれた「現実」すなわち軍服を着た悪夢から紡ぎ出されていると感じる。

JRF 2010年7月 3日 (土)

» 続きを読む

aboutme:127449

他者からみれば、私は、惨[みじ]めというか卑しいというか、「ああはなりたくない」人間なのかもしれないが、「ふっきった」後の人生は自分にとって幸福なものだ。この先もきっと幸福であろうとも思う。平和ボケかな?

JRF 2010年7月 3日 (土)

» 続きを読む

aboutme:127448

軍の本質は正当防衛より緊急避難だろう。兵隊は自らの死を賭すのだから。自分がどうなろうと、どう思われようと、「他者」を守るために軍を造った。自主防衛の方法を確立せねば、国が成り立たないなどと考えるのは、自らの死の必然を知らない「エリート」のたわごとではないか。

JRF 2010年7月 3日 (土)

» 続きを読む

«前のひとこと

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

このころのニュース