宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:131812

『スト4』ネット対戦。パーフェクト負けを何度も献上してしまった。情けないのはもちろんだが、相打ちできる無敵技があるのにパーフェクト取られるのは(あまりにも真剣さに欠けるように見え)相手に失礼だろうと思う…。

JRF 2010年10月 9日 (土)

軽くパニックが入るのもあるし、諦めちゃう面もないわけではないが、私の場合、意地になってガードせずにリバーサル取ろうとするところが問題だと思う。

ガードして少し有利なタイミングでリバーサルを狙うのがセオリーなんだけど、リバーサルを狙ってカードを解いたあとリバーサルのコマンド入力に失敗していて、技をくらう。その後もう一度ガードを固めればいいんだけど、昔投げ技が痛かった記憶があるからか、まぁ、パニック入るってことなんだろうが、続けてリバーサルのコマンドを入力して、技をくらってしまう。

気づいたらパーフェクト負け。…いかんよ >> オレ。

JRF 2010年10月09日 7095

諦めちゃうってのは、もうほとんど負けが決まっちゃうと、変にガードを固めて、自分にガードぐせを付けるよりも反撃しようとしてるつもりで終りたいということで、投げ返しや難しいコマンド&タイミングでのリバーサルを優先しちゃうということ。

そういう自己中心的な考え方は対戦格闘ではアリだとしても、いくらなんでもパーフェクト負けは、相手に失礼だと思うから、せめてガードしたあと削りでも狙うべきだ。…が、そこでうまく切り替えができない。

JRF 2010年10月09日 2800

まぁ、ガードしたあと削りを狙うのはあからさま過ぎて、逆に相手につけこまれるから…ってのもあるけど。

…基本、私は、今ではトシとったからってのはあるけど、昔からのプレイスタイルとして、少し待ちながら反応するというのが嫌いというか苦手で、相手を幻惑して何か技を出そうとしたところをつぶすのが好き。で、そういうのができるキャラ・戦法を選ぶ傾向がある。

で、相手がラッシュして来るということは、パターンはだいたい決まっていて、どんな技を出そうとするかわかるわけだから、そこをつぶせないのが私にはストレスになる…つぶせないわけないと思う自分を保ちたいのでパニックを入れてしまう…ということなのかもしれない。

JRF 2010年10月09日 5583

『ストリートファイターIV』 (今やってるのはスーパーじゃないほう)
http://www.capcom.co.jp/sf4/IV/

スト4関連ひとこと。
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/130107
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/129792

JRF 2010年10月09日 5348

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック


トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。