« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:134755

個人が「プログラムの権利」たとえば特殊な検索方法の権利を持つのに意味を持たせようとすれば、単純には、まず検索対象となるデータを囲って、そこでプログラムを実行するのを特権化すれば良い。「クラウド」とは要するにこの方向ではないか?

JRF 2010年12月16日 (木)

もう少し広げるなら、今なら、アンチウィルスソフトやオンラインストレージのクライアントを通じて、何らかの調査を行うプログラムを送信するのが特権になるだろうか。

「プログラムの権利」は↓のひとことから。
http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/134196
>「プログラムの権利」を持つ個人の自動化に基づく兼業は許すが、同一賃金同一労働の観点から問題があり、ユーザーの意図しない漏洩につながる「出向」は禁止していく方向で考える。<

JRF 2010年12月16日 1929

keyword: クラウド

http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/120313
>遺伝子情報については(…)認証済プログラムを P2P でやりとりする(…)。そこは「流出」があってはならない。もちろん、「捜査機関」からも護らねばならない。
(…)
しかし、ジョン・ドウ起訴に時効延長を認める心象を考えると、ある種のハッキングの「努力」だけは可能となっている必要があるかもしれない。
(…)
認証済プログラムはローカルに動いたあと数値を(…)エージェントプログラムとして「クラウド」に返し、そこで(…)ハッキング戦を可能にする。…といった具合か。

JRF 2010年12月16日 2934

それで、「出向」がダメなのは、強すぎる特権により情報を得る不公正取引とみなされるためで、「兼業」なら良いのは、「プログラムの権利」はデータの権利でないため容易に持ち出せるものでなく、データ持ち出しに関するそれぞれの業の規則に別途従いながら、例えば特権の行使において兼業する自分に公正な対価を要求しうるとみなせるから…かな?

JRF 2010年12月17日 5740

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/51548856

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» aboutme:138358 from JRF のひとこと

私が配布するコードを GPL 的なフリーソフトよりも「Public Domain」とすることを好むのは、「消費者契約法」的議論からは、一切「無保証」「無責任」をうたうライセンス(GPL も BSD も)は、信義誠実則により「契約」が無効とされうる文脈があるから。... 続きを読む

受信: 2012-01-04 21:42:45 (JST)

» aboutme:135109 from JRF のひとこと

入札料金を取るネットオークションって、まともにやれば要するに無尽とか頼母子講の現代版になるんじゃないか?短期的にやるからパチンコ・賭博みたいな印象も受けるけど、長期に伸ばせば、競りで「利息」分を最後まで支払いができたものが工作機械を導入できるとかいうのと同じだろう…?... 続きを読む

受信: 2012-01-05 06:36:57 (JST)

» aboutme:134801 from JRF のひとこと

以前書いたが、DVD-CPRM の .VOB ファイルは、私が使っているレコーダー、PC のドライブの性能なのかもしれないが、いくつかのソフトで音声のみリップ(rip 吸い出し)できた。それを mp3 にして自分用の非公開のオンラインストレージに置くという作業を最近やっていた。... 続きを読む

受信: 2012-01-05 07:52:50 (JST)

» cocolog:74412255 from JRF のひとこと

英語だと「証券会社」=「セキュリティ」なんだよね。これってどういうことなんだろう。『ヴェニスの商人』の「ひとこと」([cocolog:72947619])では、実は「信託会社」というものの性質について考えていたのだが、今度は「証券会社」というものについて少し考えたい。... 続きを読む

受信: 2013-06-30 01:46:54 (JST)

このころのニュース