« 2009年12月27日 - 2010年1月2日 | トップページ | 2010年1月10日 - 2010年1月16日 »

2010年1月3日 - 2010年1月9日

aboutme:117208

Moraguès(cl), Pražák Q., 出羽真理(pf)『ウェーバー:クラリネット作品集』。都会から少し外れ、田園もあれば未舗装の大通りもある「中間層」の風景に想い着く。後半、繊細なピアノ伴奏に、嫁[とつ]いでいって失われていない少女性を聴く。クラリネットがやさしい。

JRF 2010年1月 9日 (土)

» 続きを読む

aboutme:117206

帯状疱疹の痕あたりで神経系のピリッとした痛みが今日は少し強い。寒い日に痛くなるとかあったけどいつもより痛い。外の空気も何かピリッとさせる薬剤の匂いがありそうに感じたのだが、周りの様子をうかがう限り、気のせい。「気のせい」というのは私は何かを気にしている…何を意識すべきなのだろう?

JRF 2010年1月 9日 (土)

aboutme:117131

マナーは、言えばできる、やってみればできるもの。でも…。

JRF 2010年1月 8日 (金)

» 続きを読む

aboutme:117073

カテゴリの最新の記事がアレな記事で、せっかくカテゴリで読んだ人がすぐに出ていったらしきとことか見ると、申し訳ないというか、情けないというか、そんな気持ちになる。早く更新すればいいのだが、今の路線だと次もアレなことになりそうで…。そのカテゴリの記事だけ増えるのも抑えたいし…。

JRF 2010年1月 7日 (木)

aboutme:117068

ボランティアでしていることが義務とされ、仕事の余地を減らしていくんだというのはあるとは思う。でも、物をなすのは給料分でできても、その先の品質は趣味的な(ボランティア的な)部分で決まることは、どの職でもあるだろう。

JRF 2010年1月 7日 (木)

» 続きを読む

aboutme:117067

ホメオパシーがあるかないかと言えば、ある。ワクチンの発想はもろホメオパシーだし。でも、ワクチンを病気にさせず、かつ有効にさせるためには「ホメオパシー」的なアバウトな発想ではできない。

JRF 2010年1月 7日 (木)

» 続きを読む

aboutme:117060

海外で得られた収益を国内の研究開発にまわせばいいというのはちょっと…。基本はあちらでの「成果」を、投資したが故の有利な条件でいただく、それを国内向けに合わせるための研究ぐらいは向こうの利益を(利子の転用として)使わせてもらう、ぐらいに言っておくんじゃないと、なんか怖い。

JRF 2010年1月 7日 (木)

» 続きを読む

aboutme:116913

カテゴリへのアクセスだけでもアクセス解析に残してくれてるとかあるんだろうか?

JRF 2010年1月 4日 (月)

» 続きを読む

aboutme:116912

発生学的な脳の陰喩…。八方の玄義につらなる時間の覚悟があるとき、群盲象を評す的に表せば、脳はピンクの象のように映るのではないか?「左右に二枚の大きな皮膚。中央から伸びた万能の一つの器官。感覚をコントロールする中枢。…」

JRF 2010年1月 4日 (月)

» 続きを読む

aboutme:116884

再入力が必ずしも必要でなく、再試行に承認が必要なだけなら、再試行ボタンも作っていてくれたらよかったのに。

JRF 2010年1月 4日 (月)

» 続きを読む

«前のひとこと

« 2009年12月27日 - 2010年1月2日 | トップページ | 2010年1月10日 - 2010年1月16日 »

このころのニュース