« 2010年3月28日 - 2010年4月3日 | トップページ | 2010年4月11日 - 2010年4月17日 »

2010年4月4日 - 2010年4月10日

aboutme:122389

キーロフ・バレエ団『プロコフィエフ:石の花』を観る。映像がメインの作品に対する私の感覚の常として、音楽はまだ味わったと言えないけれど、映像は美しく、バレエ特有のシンプルな物語も要旨を掴みやすい。ただ、今の私の家族の状態などから、物語を医療や社会の仕組みに引き寄せて考えてしまう。

JRF 2010年4月10日 (土)

» 続きを読む

aboutme:122369

発信者情報の開示などの「情報の差押さえ」には、裁判所等の公的機関(非捜査機関)の「仲介」が必要ではないか。ささいなことで情報開示が行われたり、恣意的・金銭的な開示の慣行で怪しい勢力の暗躍を許すことにならないか心配だ。それを防ぐ消費者の対抗手段があるということかもしれないが…。

JRF 2010年4月10日 (土)

» 続きを読む

aboutme:122364

「ご教授いただいた」には伝授のニュアンスがあって「ご教示いただいた」のほうが、一時に教えてもらった情報に対するにはふさわしいという論が常識のようだ。しかし、私は「ご教示」には「啓示」「黙示」「開示」といった「示す」の宗教的ニュアンスを感じて、逆に好きになれないのだが…。

JRF 2010年4月10日 (土)

» 続きを読む

aboutme:122258

死刑を事件の幕引きのために使う「最終刑」としての死刑は、実際の計画犯・実行犯以外であっても組織の責任を負うことができ、そうして負った責任の補償がその組織で追及されるべきだという考え方でも背景にあるのだろうか。

JRF 2010年4月 8日 (木)

» 続きを読む

aboutme:122086

個別記事への(無断)リンク禁止は、消費者契約法 第十条の「消費者の利益を一方的に害する条項の無効」に該当するとできないだろうか。リンク禁止を禁止したいが、その法的根拠は何かというとき、通信に関する特別法にする方向を採らないなら、消費者契約法のセンでいってはどうだろう。

JRF 2010年4月 6日 (火)

» 続きを読む

aboutme:121986

放送コードって一体どこに法的根拠があるんだ?もちろん、差別の宣伝を制限するのに、個人に対する名誉毀損では足らないし、脅迫の文脈を広くとる必要もあろう。しかし、犯罪者だから、それと係わりがあったから、表現させてはならないって一番やってはならないことじゃないのか?

JRF 2010年4月 4日 (日)

» 続きを読む

«前のひとこと

« 2010年3月28日 - 2010年4月3日 | トップページ | 2010年4月11日 - 2010年4月17日 »

このころのニュース