« 2010年1月17日 - 2010年1月23日 | トップページ | 2010年1月31日 - 2010年2月6日 »

2010年1月24日 - 2010年1月30日

aboutme:118459

ジュリーニ指揮『ロッシーニ:スターバト・マーテル』。陽気に悲しむ。第2楽章のテノールのアリアがはじまって、陽気さ男前さに驚く。オペラ的表現なのだろうが、それは解説にあるようにけしからんということではないかとふと考えたが、違う。こういう「陽気」さも現実の悲しみは必要とするのだろう。

JRF 2010年1月30日 (土)

» 続きを読む

aboutme:118457

ライセンスがある者なら、線路のあるところを自転車で走るとかできないだろうか。二線ある中を舗装するとか枕木のところを踏切みたいに舗装するとか。現代なら、自転車に高性能のコンピュータを詰めるのだから、工事の人よりも安全に電車をよけたりできないだろうか。

JRF 2010年1月30日 (土)

» 続きを読む

aboutme:118456

夜警国家論の問題は、例えば、税務や障碍者支援を民間でやるとしてもその管理を警察がやるのか、プライバシーは秘密だから軍がやればいいのか…と考えると、すぐ無理があるのがわかる。さもなければ国家を果てしなく肥大させるという意味での「ファシズム」になる。

JRF 2010年1月30日 (土)

» 続きを読む

aboutme:118331

風邪がそろそろ完治と思ったら、口唇にできものというか荒れがある。しんどさとか苦しさはないけど体調がおかしいらしいシグナルが、このところ続くなぁ。無理をしてるような心当りはないのだけれど。

JRF 2010年1月28日 (木)

» 続きを読む

aboutme:118328

「80年代を意識したアレンジ」がどうもひっかかる。世紀末の暗い世相のために失われた「明るい独善性」みたいなものが、現代まで続いていたとしたら、というのはおもしろいと思った。でも、それは80年代を回復し、現代の技術でその変奏を飾って、ノスタルジーにひたるというのとは違う。

JRF 2010年1月28日 (木)

» 続きを読む

aboutme:118327

昨夜のブクマに「参:剃刀」を足したのは、『電撃大王 2010年3月号』の海藍『特ダネ三面キャプターズ』を読んで。

JRF 2010年1月28日 (木)

» 続きを読む

aboutme:118272

昨夜のブクマは少し感情的だった。影響があるだけでは同一性保持権侵害に問えないという防衛線はあるし、そこを悪くしても、コンピュータ内の情報に限定した議論にもできる。

JRF 2010年1月27日 (水)

» 続きを読む

aboutme:118271

イエスの「レギオン」を豚に移す悪魔払い。動物に「悪魔」が、うつせることを利用できることを認める。その意味するところにおいて、そのような "Heteropathy" をやりはじめた「責任」、「呪い」のいくべきところとして、イエスは自らを宣言したととれるのではないか?

JRF 2010年1月27日 (水)

» 続きを読む

aboutme:118270

無税国債はムリとしても、源泉分離型「相続」税付国債とかって仕組みできないだろうか。利子に70%ぐらい課税、譲渡時に額面と直近発行相当利率に基づく割引現在価格の差額に50%ぐらい課税する。仕組み債に組むときも課税するが、どの時点でも本人が財産として税務当局に申告する必要はない…とか

JRF 2010年1月27日 (水)

» 続きを読む

aboutme:118220

親は、子供がフツウのことができないことを不安に思い、人より秀でた部分があることを喜ぶ。不安という比較すると強い感情をもとにするから、「普通」であることへの願いが、自己の形成において親の姿と結びついた不安としてまずある…というのは普通のこと、健全なことだと思う。

JRF 2010年1月26日 (火)

«前のひとこと

« 2010年1月17日 - 2010年1月23日 | トップページ | 2010年1月31日 - 2010年2月6日 »

このころのニュース