宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:136586

道を歩いていると、ブロック壁の上に狸っぽい後ろ姿がある。体格が立派で、顔の横にフサフサがある…と思って、横を通り過ぎると、こちらを向いて目があった。猫だ。…えぇ、でもこんな猫いるんだ。外国産の血が交じったのが大きくなるとこうなるのか?ひょっとして、化け猫?

JRF 2011年2月11日 (金)

もちろん、昼間で、妖怪が持つという怖い感じはなかったから、化け猫ではないはずだけど、すごい印象的だった。

↓と同じヤツか?とも思うが、でも、あれと毛の色は似ているかもしれないが、毛並みが荒れているという感じはなかった。

http://jrf.aboutme.jp/user_statuses/show/130992
>昨夜、毛並みの荒れた猫がいるなと思ってすれ違うと、私をよけた体つきが猫と違う。暗闇で顔が見えなかったが、あれは狸さんだろう。<

JRF 2011年02月11日 3280

あと、最近、「おや?」と思った動物というと、大きな「雀」か。色と模様は雀っぽいのだが、体が少し大きく、群れてないので、雀ではない、少なくとも、この辺でよく見る雀とは違う感じだった。

それとも、最近、小動物が大きくなってるとかあるのか?私の認識・感覚の変化?

JRF 2011年02月11日 6276

顔のふさふさした感じが、外国産のカワイイヤツかなと思わせるのだが、つらがまえや体付きが立派で、とても「カワイイ」といったふうではなかった。

会ったのは、大雪の前の日。

JRF 2011年02月12日 0274

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック


トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。