宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

aboutme:138517

ロリコンが増えている…かどうかは知らないが、そうだとすると、親との死別が少なくなり、また、母親が働くことが増え、「母の愛情」が足りないと思うことが少なくなったこと。それも原因かもしれないが、高齢での結婚が増えたこと。それらが、相対的にロリコンの選好となって現れているのでは?

JRF 2011年4月27日 (水)

前段に関しては、義母への鬱屈した感情に萌えるようなシチュエーションというのはあまり見なくなった。現代ではリアリティが薄いのではないか。後段は、母親が働いててその愛情が少ないと見えたとしても、それをその母から得ようとはしなくなるという論理。兄弟で母の愛を奪いあうことが少なくなったというのもあるかな。まぁ、これから変わってくるかもしれないが。

ロリコンマンガを読むごとに、そういったことへの抵抗が鈍るというのはあるかもしれないが、変な「処女幻想」が薄くなるという効用(?)もあるのでは?

keyword: 児童ポルノ

JRF 2011年04月27日 0100

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック


トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。