« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

cocolog:70523848

経済(農本的問題)に関し「陰謀論」的なこといろいろ。 (JRF 3720)

JRF 2011年11月12日 (土)

遺伝子組換えの目的は主に量産にあるのか疑問だ。もしも、(太陽)エネルギーを使って工業的に必要な栄養分を生産でき、そのほうが効率が良いなら、食物を農業で作るのはつきつめると食「文化」の問題に極まる。とすれば、「農業文化」をこれ以上ポップカルチャー化する必要があるのか?

JRF 2011年11月12日 9140

……。

自由化をしないと優秀な人・企業が出ていくという説があるが、これまでに日本の地方が経験した現実ってのは、その逆だったんじゃないのかなぁ。いつでも戻ってこれるから、出ていく。規制があるから地方でもうまみがあるということ。で、出ていった先ではほとんど通用せず、故郷に錦を飾れる者は…今の時代聞いたことある?

『カルメン、故郷に帰る』か…。11月1日に朝日新聞・天声人語で紹介されてた。近くのレンタル屋にあったので、さっき借りてきた。あとで観る。

JRF 2011年11月12日 6594

「故郷に錦をかざる」のが、国家公務員になって、公共事業を持ってくるのとイコールみたいになってんじゃないか?

帰ってきたところで地方はガタガタで、そういう人も中央の指示に従うしかない。でも、出ていった以上それしかテはないから、自由化をさらに圧[お]し進めて、トンビに油揚げかっさわれる…。

それって自由なの?

JRF 2011年11月12日 6203

……。

TPP の交渉に早く参加して議論に加わないと不利になるという論議があるが、それは中国やインドにとってはどうなんだ?WTOや温暖化会議は交渉に後から参加する者との調整が難しいというのが、一般紙あたりの「総括」ではなかったのか。ただ、前例を踏襲して、それを繰り返せばいいと?

本当に問われてるのは、そういった中国やインドの立場を、もう一度、後進国視点にたって思いを寄せて、じゃあ、彼らがどういうふうになら交渉できるようになるかを示し、温暖化や WTO の議論に戻して活かすことだ…とかいうちょっとしたナショナリズムふう国際主義なら私にはわかりやすい。

keyword: TPP

JRF 2011年11月12日 0428

……。

陰謀論ってより、トコ屋談議の勢いだけの愚痴みたいになっちゃった。

まぁ、しかし、現実を見れば、私はロクに働いてもいないのに、いい生活(食うに困らない、娯楽も豊富で安い生活)をさせてもらっていて、安全・安心に過ごしている。政府には感謝してもしたりない。だから、現実を見れば信用すべきところで、今回も結果うまくいくんだろうけど、自分の精神の健康のためにも、声を出すこともそれなりに必要だとは思うから、迷惑にならない程度に、「ひとこと」させてもらってます。私は TPP にどちらかと言えば反対の側で発言していましたから、現実の決定を見ればその意味がなかったわけで、迷惑になっていませんし。

JRF 2011年11月12日 7160

……。

補足というか…。

農業素人の私の考え方は、「大規模農業」や「強い農業」というのは目指すところが違う。かといって、農地保全等の「神事」にしてしまうのも問題があると思う。

というのは、農業というの「自主自立」を目指すところに文化的基礎があるように思うから。だから、現金や種の給付を受けるために頭を下げるようなことは本来もっとも厭うところで、周りに何にもなくても土地と自分の健康さえあれば食べていけるという信念から、地域の協力などの他の「農業文化」が派生するとすべきだろう。だから補助も、それを阻む外からの圧力を減らすという建前で構成していくのは間違ってないのかな…とは思う。

JRF 2011年11月15日 0978

ただ、それが、農業保護を目的とした関税であったり農家を対象とする直接的な補助金の形をとるのは本末転倒で、すべての商品に対する「関税」的な消費税から、国民全員へのベーシックインカム的なその還付による現金給付のほうが、まだ、マシだろうと思う。

もう一つは、バイオマスリアクター的な研究施設を作って、自主自立を妨げるような要素の検知に金を出すという形で、子供の教育費が必要な若者の雇用と農家の知恵の交換みたいなところから、世代交代を試る…とかできないか?

まぁ、そういったことは専門家は熟知していて、なお、今のような方法をとってるってことは、そういうのは難しい(または欠点が大きい)んだろうけど。

JRF 2011年11月15日 3764

typo 「農業というの」→「農業というのは」。

もちろん、(主に農民からならない)労働団体が「大きな農業」を標榜するのは至極まっとうだとは思う。

JRF 2011年11月17日 8234

typo 「試る」→「試みる」。

JRF2014/7/252529

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/53226418

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» cocolog:71746024 from JRF のひとこと

DRM をかけることで、利益を集中させ、法外な安価さを実現していた場合、そこから資産譲渡を受けたものは、「地デジ対策」的費用を払う責務が生じる。継承資産の相続責任が生じる。(ある種の第三者の善意取得の否定。)…とかできないか。... 続きを読む

受信: 2012-03-29 18:26:52 (JST)

» cocolog:74725109 from JRF のひとこと

技能維持のため新規の実験炉みたいなのは認めたい。でも、その気持ちは反原発寄りのところから出発するから、新規の炉という時点で大きな困難を認めざるを得ない。せめて実験はできるように…とすると、今だと、もんじゅに予算を付けるぐらいしか手がない。でも、「それは違うだろう」感がとてもする。... 続きを読む

受信: 2013-06-30 00:05:33 (JST)

» cocolog:74412534 from JRF のひとこと

「女性問題」について、つらつらと。デリケートな話題を勢いでサラッと書いちゃいます。 続きを読む

受信: 2013-06-30 01:46:23 (JST)

» cocolog:73758235 from JRF のひとこと

バイオエタノールの補助金が、食料の生産を圧迫することで巡り巡って未だ飢餓のある途上国で食料を手に入れるのが難しくなるという議論が確かあったと思う。これは、この一面だけ見て済むほど単純な問題ではない。... 続きを読む

受信: 2013-06-30 04:13:45 (JST)

このころのニュース