宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

cocolog:72679934

私のポリシーということなんだけど…。ネットに書かれたものをすぐに消去すると、ネットで消されるようなものは全部取っといてやるんだ…という者がいると、その者の消去前に取ろうとするアクセスを増やすことになる。 (JRF 9166)

JRF 2012年5月15日 (火)

もちろん、何度か書いたように盗聴されてないという幻想を与えないために適度にネットにさらすのも必要。そして、明日、クロール(ウェブデータを全部取る作業)をはじめる者がいるかもしれないから、以前ネットにさらされたものを今日消すのが意味がないわけもない。

JRF 2012年5月15日 3544

ということで、暗号化されたままのものでもネットにさらしてよいならそのほうが良く、さらしたら、用がなくなったあとすぐ消すよりは、ほんのしばらく待って消したほうがよい。

…それが私のポリシー。皆がそうする必要はないし、いつもそうする必要もないけど。

JRF 2012年5月15日 6432

keyword: 盗聴

クローズドな通信に「盗聴」なんてあるわけないと信じ続けたい、または、国家であろうとそんなことをやると認めてはならないというなら、別に否定はしない。政策的には意味のあることだし、すべての人の通信をチェックできるわけもなく、「盗聴されるかもしれない」というのは、自分の言ってることに価値があると思いたい私の幻想という側面も確かにあるから。

JRF 2012年5月15日 8260

修正 「盗聴されてない」→「(国家レベルのものにまで)盗聴されてない」。

JRF 2012年5月15日 2804

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック


トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。