宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

cocolog:75391362

プチコン mkII の SPSET と CHRSET のキャラ番号の指定の仕方が違う!SPSET が変。ほとんどバグに近いと思うんだが、この仕様に従って大丈夫なのか? (JRF 9693)

JRF 2013年1月23日 (水)

《ActBarrier for プチコンmkII 製作過程》
http://p6ers.net/kaw/2013/prog_making_actb_ptcm.htm

>どうやら、SPSETで指定するスプライトキャラ番号は、CHRSETで指定するキャラ番号の開始番号の1/4にするようだ。<

SPU7 の 16 番に 8x8 のキャラを CHRSET したら SPSET でのキャラ番号は、しかし 7 * 16 + 4 ではなく、7 * 64 + 16 でもなく、7 * 64 + 4 にする必要がある。スプライトは 16x16 キャラ単位だからというのがその理由らしい。

JRF2013年1月23日3529

だから、私は誤解していたんだが、CHRSET のとき、スプライトの一つのバンク(例えば "SPU7")にも、8x8 のキャラでは 256 個格納できる。

JRF2013年1月23日1173

まぁ、mkII になるとき VSYNC の仕様変更があったのを、ファイルを読み込むときに書き換えるみたいな対応があったみたいだから、仕様がおかしくても従ってればいいのかもしれない。

SPSET は16x16 単位で 8x8 の CHRSET も 256 個できるとわかれば、ややこしいが非論理的でもないから、バグは言い過ぎか。この仕様でもいいのかな…。

JRF2013年1月23日0743

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック


トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。