« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

cocolog:80019352

私がやってた「健康法」的なことで続けてること。 (JRF 1718)

JRF 2014年6月27日 (金)

『「ニセ医学」に騙されないために』(NATROM 著, メタモル出版, 2014年)
http://www.amazon.co.jp/dp/4895958647
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106427702

↑の本を読んだ。

JRF2014/6/277986

ブクマ等では僭越ながらいろいろ反論めいたことをしたこともあったが、この本は「グレーゾーンは扱わず、わかりやすいニセ医学の例」を集めたということもあってか、反論したいことはほとんどない。(経済面から見てそれはどうなのってのはあるが、本人もメリットとデメリットの比較を強調されていたし、医学者の側からはそれでいいんだと思う。)

で、これを機に私がやってた健康法で続けてることを少し書こうと思う。

JRF2014/6/271535

ただし、今は4月の精神病での入院後でまだ薬がキツく「自宅入院」的な状況で、かなり規則正しい生活をし、睡眠時間も夜9時ぐらいに横になって、深夜何度か起きちゃったりしながら、6時半とか7時半とかぐらいに起きる生活をしている。(フルに寝たら10時間ぐらい寝てることになる。睡眠時間を削って仕事をやってる方々には申し訳ないほど寝てる。)

JRF2014/6/274274

まず、散歩は続けている。一時間ぐらい歩いている。ただ、昼が暑くなり過ぎてここ最近は夜歩くようにしている。すると、夕食等の時間の都合から9時に寝れなくなるので、距離を抑えて、先に太極拳+八段錦を昼にやっておくとかしている。

外に出たあとの、手洗い・うがい・顔洗いは続けてる。顔洗いは目つぶってバシャっと水を顔にかけるだけだけど。これは基本かな。

JRF2014/6/278198

[cocolog:77319314] などで書いた『気功革命』のスワイショウと站粧法=馬歩はやめた。これは意味がないのではなく「効果」はあると私は実感があったが、それが良い効果と言えるかというとどうも私にはついていけない気がして、やめた。30分じっとしてるのもつまらないし。やってるときはお腹まわりなどが敏感になったりしたが、やめた結果、今は敏感さもなくなり、元に戻ってる。

JRF2014/6/273750

去年の夏試したダンスエクササイズは簡単なものだったんだけど、キツくて1ヶ月ほどですぐにやめてしまった。

JRF2014/6/271879

太極拳+八段錦は続けている。4月に入院してるときは、これをすることで時間がつぶせたりして役に立った。最近までは週一回やるぐらいのペースだったんだけど、上に書いたように夜に散歩時間を短くするときは、昼にこれをやっておく予定。はっきりいって型とかはかなり自己流なんだけど、私が参考にした↓は無理せず自分にあったペースでいいと言ってたんで、それに甘えている。散歩だけだと手の運動がまったくないがこれだと手を結構動かせるのが気に入ってる。

JRF2014/6/272520

『あなたが変わる 楊名時太極拳』(楊 慧 著, 山と渓谷社, 2012年)
http://www.amazon.co.jp/dp/4635035182
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106130054

JRF2014/6/274304

[cocolog:75837309] とか [cocolog:76990306] で書いた養命酒は、入院後、精神的な「もやもや」がないため飲んでない。これは規則正しい生活か薬の影響かもしれず、別にやめたつもりはないが、最近は飲んでいない状態が続いている。

JRF2014/6/274457

あとはなんだろ?デンタルフロスというか歯間ブラシは使っている。父の食事制限の影響で食事はかなり健康的だと思う。一人のときとかにインスタントラーメンはよく食べるが、それ以外のジャンクフードは、アブラっこさでもうあまり食べる気がしない。お菓子は昔に比べれば控えめ。ブラックコーヒー、コカ・コーラ ゼロ(アブラ物のあととか)はよく飲む。…といったところ。

JRF2014/6/274004

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/59886396

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース