« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

cocolog:86989717

児童ポルノに関して、BBC が日本の状況を二次も三次もいっしょくたにして批判する報道をしたということに、また、知的財産権に共謀罪を適用しようとすることに、「迫害」を感じた。 (JRF 8475)

JRF 2017年3月 6日 (月)

keyword: 児童ポルノ

BBC が児童ポルノとして二次も三次もいっしょくたにして批判しているそうだ(↓)。三次を流通させたい連中が、二次も仲間にしようとしているのではないかといぶかしむが、レポーターは女性なそうなので、彼女にはそういう意図はないだろう。

《未識さんのレポート『Young Sex for Sale in Japan』 - Togetterまとめ》
https://togetter.com/li/1087069

JRF2017/3/60334

しかし、そうなると「迫害」されているような感じが私はする。私は、40歳を過ぎた「ニート」でいろいろやったけど収入の道はなくて、結婚を諦めている。そういう生活で歪んだ欲望をマンガではらすことがある。人に被害を与えないところを楽しんでいるだけのつもりなのに、その追いやられた趣向をなお責めれれているようでとても辛い。

BBC が女性レポーターに語らせるというのは、弱い者がより弱い者を叩くというよくある構図なのかもしれないが。

JRF2017/3/60623

欧米ではロリコン、ペドフィリア(小児性愛)にとても厳しく、マンガやアニメであっても、そのポルノを楽しむと書くのは、社会的な死をつながりかねないという噂も聞いたことがある。私が、将来にわたってネットに残すつもり文章をこのように書くのは自殺行為かもしれないが、「迫害」に対しては声を上げずにはおれなかった。

JRF2017/3/60906

マンガやアニメの二次のポルノも、何がしかの誘惑をもたらすという意見がある。確かに、昔は受けつけなかったいかがわしい表現も、今では受けつけるようになった、趣味が開発されたというのは私も認める。

しかし、欲望は理性でコントロールできるもので、三次と被害者のいない二次を見分けられるのも理性のはず。表現された者の年齢を見分けるのが理性というのと同じことだ。

JRF2017/3/61375

聖書の創世記19章に、ロトの近親相姦の記述が消されずに残っているように、究極的に人は初潮を過ぎた女には幼くとも欲望しうることを忘れないということは意味があるのではないか。戦国武将は非常に若い嫁をとったことが知られている。そういう欲望は「自然」とまでは言わないが、ありうるのだ。むしろ、それを口先で皆が否定するのは、安心させたところを襲うイケメン男を生むだけではないか。

JRF2017/3/67796

……。

共謀罪を知的財産権に関しても適用するという話は、知的財産権がらみが声が大きいわりに人が少ないのを見すかして、権力を誇示されているようで、辛い。

《共謀罪における著作権問題、一部の二次創作物非親告罪化への懸念 - Togetterまとめ》
https://togetter.com/li/1086306

JRF2017/3/68273

共謀罪の端緒をどうやって見つけるかということを考えると、(Echelon などの)大規模な「盗聴」が思い浮かぶ。「盗聴」という言葉を使うことには抵抗もあるようだが、国家や国際機関が、発見してしまった事実に元づいて何か行動をとらないといけないと思うことはあるとは思う。しかし、それが警察という機関を使った捜査になるべきかというと違うのではないかという違和感が私にはある。

JRF2017/3/61547

プライバシーが厳しくなって、正統な手続きを踏まねば介入しにくくなったという面はあるかもしれないが、やはり発見した個人が、何からの目を向け続けるという市民的働きはあっていいと思う。それは市民社会から見ると越権的でよく、そこまで国家や国際機関が関与してしまおうとするのはやりすぎのように思う。その「やりすぎ」というのをやってきたのがアメリカなどの超大国ということなのかもしれないけど、日本はそこまでやる必要はないと信じたい。

JRF2017/3/68826

つまり、共謀罪は日本にはいらないというのが私の意見。幇助や教唆や予備罪があれば十分。にもかかわらず、著作権などを共謀罪制定の対象範囲に入れ、無理矢理関心を向けさせ、ゆさぶりをかけてくる。それについて無力な自分を苛立たしく思う。

JRF2017/3/62278

……。

追記。

趣味がどんどん拡張されると書いたが、素地があるのだと思う。限界がある。

私は、もちろん、「児童」的なもの以外の大人を描いたマンガも別に嫌ってはいない。下の毛は生えてるほうがいいとか、胸はこぶりなほうがいいとか、性癖は色々あるにしても。

ただ、そんななかでも度を過ぎた巨乳、顔より乳のほうがデカいような巨乳は、とても人間とは思えず、私は見て楽しむという気にはならない。ソフトな SM じゃなく、ヒドイ拷問とかスカトロとかもダメ。前、ゴキブリが犯すみたいなのもあったが、よくあんなのがあるな…と思う。それらと毛色は違うが、少年ものや BL はもちろんダメ。

JRF2017/3/73213

他の人からみると、私の好みこそが、そういう感覚をもよおすものという可能性は理解しないでもないが。でも、だからといって私が嫌うものも「BAN」すべきもののようには思わない。成人指定して、ゾーニングして好むものだけが見るようになれば、マンガやアニメは別にいいとして欲しいと切に願う。

JRF2017/3/77874

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/64980425

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)の一覧です。

» cocolog:86990506 from JRF のひとこと

レヴィナス『聖句の彼方』を読んだ。訳されていて日本語になってるのだが、意味をとるのが難しい。私は対象読者ではないのだろうと思う。 続きを読む

受信: 2017-04-02 04:04:09 (JST)

» cocolog:87456136 from JRF のひとこと

百田尚樹『海賊とよばれた男』を読んだ。民族企業の熱い物語。出光興産にまつわる実話をもとにしているらしいが、私は事実を知らないためどこまでが物語かわからなかった。が、おもしろかった。... 続きを読む

受信: 2017-06-28 19:14:12 (JST)

» cocolog:87865666 from JRF のひとこと

白田秀彰『性表現規制の文化史』を読んだ。「猥褻」という概念が社会階層差から来たもので、今では、親の管理下にあって意志が未熟とされがちな青少年に関する規制が焦点になっていることが書かれていた。... 続きを読む

受信: 2017-09-30 06:56:09 (JST)

このころのニュース