« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

cocolog:87230411

カリアリ歌劇場『シューベルト:歌劇「アルフォンソとエストレッラ」』の DVD を観た。シューベルトの歌の美しさはところどころ感じられるが、正直なところ、劇としてあまりおもしろくなかった。 (JRF 2339)

JRF 2017年4月16日 (日)

『フランツ・シューベルト:歌劇「アルフォンソとエストレッラ」D. 732 (Franz Schubert: Alfonso und Estrella)』(録音:2004年1月 カリアリ歌劇場 ライヴ, 発売: DENON 2010年 国内盤)
https://www.amazon.co.jp/dp/B003GYCNQ6
http://7net.omni7.jp/detail/1400177652

JRF2017/4/169072

演出: ルカ・ロンコーニ
Directed for Stage by Luca Ronconi

指揮: ジェラールコルステン
Conducted by Ge'rald Korsten

カリアリ歌劇場管弦楽団&合唱団
Orchestra e Coro del Teatro Lirico di Cagliari

台本: フランツ・フォン・ショーバー
Libretto: Franz von Schober

JRF2017/4/161749

マウレガート: ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー
Mauregato: Jochen Schmeckenbecher

エストレッラ: エヴァ・メイ
Estrella: Eva Mei

アドルフォ: アルフレート・ムフ
Adolfo: Alfred Muff

フロイラ: マルクス・ヴェルバ
Froila: Markus Werba

アルフォンソ: ライナー・トロスト
Alfonso: Rainer Trost

JRF2017/4/168368

……。

特に感銘を受けたわけではないので、黙っていても良かったのだが、備忘のために観たことだけでも記録しておこうと思って…。まともに日記つけてるのはここだけだから…。

私は、オペラはほとんど観ることはない。珍しく買って観たのは「シューベルトのオペラ」に興味があったから。

JRF2017/4/161491

確かに、歌はシューベルトらしい美しさがところどころ感じられ、二重奏とか三重奏とかが聞けたのは良かったが、オペラのくさにリートに比べてもあまりドラマチックでなかったような印象を持った。

JRF2017/4/168222

そして、ドラマの筋が正直なところつまらなかった。復讐への赦し、世代を渡った怨念の世代を越えた愛による統合、新しい時代への予感…といったところがテーマに見えたが、それもあまり盛り上っているようには見えなかった。そもそもフロイラがマウレガートを赦せるというのが、よくわからない。私にはわからない人の親の感情というものなのか…。フロイラの失脚にも理由なきでもなかったのかな? そしてマウレガートは良い統治をしていたのか…。

JRF2017/4/164210

このオペラがもっと有名になっていれば、感想は違ったものになったのかな? でも、今、有名な作品でないのも事実。あまりオペラに親しんでいない私が観るには、マニアック過ぎる、レベルが高すぎる…ものだったのかもしれない。

JRF2017/4/167315

typo 「オペラのくさに」→「オペラのくせに」。

JRF2017/4/167165

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/65158109

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース