« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

cocolog:88703123

ブラウザ拡張(アドオン)として Tweet Sig を作って公開した。三文判程度の認証に使うことを想定している。 (JRF 2919)

JRF 2018年1月 6日 (土)

Firefox 用のアドオンのページ:

《Tweet Sig – Firefox 向けアドオン》
https://addons.mozilla.org/firefox/addon/tweet_sig/

Chrome 用のアドオンのページ:

《Tweet Sig - Chrome ウェブストア》
https://chrome.google.com/webstore/detail/tweet-sig/epefaednifmpgcdkedbcjkecibikpdkd

JRF2018/1/62762

説明用ホームページ:

《Tweet Sig》
http://jrf.cocolog-nifty.com/archive/tweet_sig/README_ja.html

サポート用のブログ内ページ:

《Tweet Sig: ウェブ上の三文判?》
http://jrf.cocolog-nifty.com/software/2018/01/post.html

JRF2018/1/60730

PP Authorizer ([cocolog:88492515])、PP Interrupter ([cocolog:88550595])、PP Interrupter Lite ([cocolog:88646381]) と作って来て、本作が4作目のアドオンになる。

JRF2018/1/69470

keyword: 時間記録デバイス

サポート用のブログ内ページに書いたが、時間記録デバイス([cocolog:72139046])がいつまでたっても登場しないことから、それに替わる何かができないかとして作ってみたのが本作になる。

JRF2018/1/62135

……。

今回の挑戦は、background.js を Event Pages (↓)として設計することであった。イベントページは Chrome の機能で、Firefox はサポートしていない。今回、イベントページとしての作り方がわかったことで、以前のアドオン、特に PP Authorizer についてもイベントページで作り直そうかと、頭をもたげているが、しばらくは Tweet Sig の更新が忙しいだろうから、それが終ってからの課題となるだろう。

JRF2018/1/62051

《Event Pages - Google Chrome》
https://developer.chrome.com/apps/event_pages

JRF2018/1/68176

……。

最初、Google+ にも対応しようと思って、調べてみると OAuth 2.0 が必要そうで、これは実装が難しくなるな…と思っていたら、よくよく調べると、OAuth 2.0 を使っても Google+ は投稿に対応していないことがわかり「なんじゃそりゃ」となった。

Twitter も OAuth 1.0a で、これも実装は難しいな…と思ったら、Tweet Button という逃げ道があり、これなら実装は簡単…と一気に作ってしまえた。

JRF2018/1/66452

さらに、後になって Facebook も OAuth 2.0 だからどうせ投稿には対応してないだろう…と思ったら、こちらは対応しているらしい。うーむ、やるしかないか?

でも、私は Facebook のアカウントは持っていないのだった。Facebook の実名ポリシーはニートには厳しく、また、アカウントを停止することで一般に見えるページが見れなくなってしまうようなサイトは、(ニコニコ動画や mixi も、)権限が強過ぎるのでそもそも使うべきでないという、意固地なポリシーがあって、アカウントを取っていないのだった。

JRF2018/1/64494

しかし、開発するなら、そうもいってられない。アカウントを取るしかないだろう。そして、開発…というのが、これから先のスケジュールになる。

JRF2018/1/67467

……。

追記。更新。

幻のバージョン 0.2。Mozilla や Google には登録していない。

Facebook 対応!…と思ったら、Facebook は Tweet Sig がやるような直接ユーザーが入力したわけではない事前入力がある投稿を許していないらしい。しかたなく、審査を受ける前に諦めた。

OAuth 2.0 を使うような実装とテストを行い、動くところまでいっていただけに残念だ。

JRF2018/1/70994

このために Facebook のアカウントも取得したのだったが、無駄になった。しかし、Facebook の開発環境のすごさ・使い易さを体験できたのはよかった。ありがたかった。

JRF2018/1/76066

なお、途中、Firefox for Android (Nightly 59.0a1) でも試したのだが、どうも、chrome.identity.getRedirectURL() と chrome.identity.launchWebAuthFlow() が動いていないようだった。PC 用の Firefox では動いたコードがそれが原因で動かなかった。それらの MDN のページでは Firefox for Android でもバージョン 53 から動くとなっているのに。

JRF2018/1/75385

……。

追記。更新。

バージョン 0.2.1。

上に書いたことがあって、意気消沈したあと、機能をバージョン 0.1 並みのものに戻して Mozilla と Google に登録したのが、バージョン 0.2.1 ということになる。バージョン 0.2 でやった変更を痕跡としてわざと残し、ファイルが増えたりしているが、基本的には 0.1 と変わらない機能になっているはず。

JRF2018/1/76723

このあとどうするか…。Facebook の審査をダメもとで試してみるか? いや、それはしないな。でも、そうなると次に何をしたらいいのか見えて来ない。「痕跡」は次のバージョンでは消しておくべきか…。五里霧中…。

JRF2018/1/72696

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/66248230

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース