« 前のひとこと | トップページ

cocolog:89631029

ミニスーファミを hakchi2.30 と retroarch で改造した上でファミコン・ディスクシステムのソフトを動かす方法。 (JRF 3694)

JRF 2018年7月10日 (火)

私がミニスーファミの改造に「手を染めた」経緯は [cocolog:89631025] で書いた。

今回は、ググってなかなか見つからなかったファミコン・ディスクシステムを retroarch 導入済みの hakchi2.30 で使う方法を書いておく。

JRF2018/7/103916

英語では↓に書いている。

《Correct setup to run FDS games? : miniSNESmods》
https://www.reddit.com/r/miniSNESmods/comments/88s12v/correct_setup_to_run_fds_games/

JRF2018/7/106065

1. まず、ファミコン・ディスクシステムの ROM を用意し、それを disksys.rom という名前にする。

2. 上のサイトのリンクから bios_template.zip を手に入れる。ない場合は作ればいい。基本は、bios_template.hmod\etc\libretro\system\ というディレクトリと下記の内容の bios_template.hmod\install というテキストからなる。

<pre>
transfer_default
return 1
</pre>

(なお、改行コードは \x0a。pre タグはこのサイト用なので、いらない。)

JRF2018/7/103879

3. bios_template.hmod\etc\libretro\system\ 以下に disksys.rom を置く。

4. bios_template.hmod を FDS_bios.hmod に名前を変え、FDS_bios.hmod を hakchi2\user_mods\ 以下に置く。つまり、次のようなファイルがあるようにする。

<pre>
hakchi2\user_mods\FDS_bios.hmod\etc\libretro\system\disksys.rom
hakchi2\user_mods\FDS_bios.hmod\install
</pre>

JRF2018/7/102857

5. hakchi.exe で「モジュール」→「拡張モジュールのインストール」で FDS_bios を指定し、他に最低 retroarch も入れる。

JRF2018/7/104426

……。

ファミコン・ディスクの形式は FDS。拡張子は小文字の fds でないといけない。zip されててもかまわないが。

そして、ミニスーファミで、実際に遊ぶと、セーブはゲーム中はできてるみたいなのだが、リセットを押したあと、もう一度はじめようとすると消えてる。だから、どこでもセーブを使う必要がある。どこでもセーブは有効に機能するようだ。

JRF2018/7/109702

そしてディスクの A面/B面 の入れ替えは、R→L→R (Rボタンのあと Lボタンのあと Rボタン)で行えばよいようだ。R ボタンでディスクを取り出し、L ボタンでディスクをひっくり返し、R ボタンでディスクを入れるという理屈らしい。(L ボタンだけでいいという記述も見たが、私のところではダメだった。)

JRF2018/7/104878

……。

著作権的なことは難しい。ディスクの所有権があるのが最低限だろう。それを吸い出す技術まで必要と主張するものが多いが、それが今や任天堂自身が存在感のあるレトロゲーム市場にとっていいことなのかどうなのか…。

著作権に対する風当たりは強く、このような情報を書くだけで幇助犯になるオソレもある。しかし、[cocolog:89631025] で書いたように老いた母がとても喜んでくれているので、コミュニティに貢献するため、仁義を切るため、この「ひとこと」を書くことにした。

JRF2018/7/100973

とはいえ、強情をはるつもりはない。著作権は基本的に親告罪、ちゃんとした権利者から消せと言われればこの「ひとこと」は消します。

JRF2018/7/108336

« 前のひとこと | トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93568/66927324

トラックバックのポリシー

他サイトなどからこの記事に自薦された関連記事(トラックバック)はまだありません。

このころのニュース