宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

cocolog:91372757

2019年7月期・夏アニメ。今期も地上波・BS・d アニメストア・DVDレンタルで様々なアニメを観た。異世界アニメ、女子高生アニメが多かった。私には『まちカドまぞく』が特に良かった。 (JRF 7061)

JRF 2019年10月 8日 (火)

前期の 2019年4月期・春期アニメについては、[cocolog:91128080] で言及している。

また今期中にアニメソングについて、勇気の出るアニソンについて [cocolog:91199813] で好きな声優歌唱のアニソンについて [cocolog:91252204] でひとことしている。

また、主に d アニメストアでみた『のんのんびより』について [cocolog:91291405] でひとことしている。

JRF2019/10/84921

今期は、アニメは豊作だったと思う。異世界アニメと女子高生アニメが多く、つぶぞろいだった。ただ、世間的な大ヒットはなかったと思う。

JRF2019/10/83547

……。

女子高生アニメについて。

『まちカドまぞく』。シャミ子と桃の友情が尊い。シャミ子がときどき「…のだ」とか言って威厳を出そうとするのがかわいく、まぞくのくせに、基本的にイイ子。ギャグもおもしろいし、謎も味わい深い。貧乏ギャグや、ご先祖をぞんざいに扱うところは、人によっては不快に思うかもしれないが、私はそれらも含めて今期のうち特に楽しめた。

JRF2019/10/86476

珍しく、原作も最新5巻まで Kindle で買って読んだのだった。アニメ化された部分では水着回も(お風呂のあとはあるが)お風呂回もなく、とても健全で人にオススメしやすい! が、マンガで続きを読むと大事なエピソードのお風呂回があるので、二期があれば注意が必要かもしれない。

JRF2019/10/88998

『女子高生の無駄づかい』。キャラ全員揃うのがアニメオリジナルの妄想水着回のみで、基本は数人がその集まり方を変えて集ってギャグをするのが、女子っぽい。若者は、11話のヲタのシリアス回を見るために全話見る価値のある作品かも。

JRF2019/10/89343

『ダンベル何キロ持てる?』。筋肉アニメ。筋肉講座にはさまれるカットがエロく、そこを楽しみに見ていた面があった。それが最後までヒヨらなかったのが良かった。最初のインパクトがすごく、それをどう持続するかが見もの。

JRF2019/10/82630

『ソウナンですか?』。サバイバルアニメ…だが、特に最終回、ネタが下品な方向に行くのに笑ってしまう。

JRF2019/10/82062

『手品先輩』。ちょっと私にはエロの出しかたが下品過ぎるように感じた。『ダンベル何キロ持てる?』のほうがある意味エロいのだが、そちらはあっけらかんとしているのでそんなに下品には感じない。

JRF2019/10/85862

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』。あまりエグくなり過ぎなかったところは評価できる。私はラブコメは辛いのだが、それでも何とか完走できた。

JRF2019/10/80018

女子中生アニメについて。

『からかい上手の高木さん2』。『荒ぶる季節の乙女どもよ。』よりもラブコメなのだが、なぜかこのアニメは見ていられる。子供っぽ過ぎるからか?

JRF2019/10/84880

『Re:ステージ! ドリームデイズ』。見ている人の中では評判の良かったアイドルを目指す系アニメ。評判が良かったので、期の途中から d アニメストアで見出した。

JRF2019/10/84817

……。

異世界アニメについて。

『魔王様、リトライ!』。予算が少ないのを逆手にとって、わざとチープな絵でギャグを盛り上げている…といった感じか。魔王の中の人のモノローグがおもしろいのだが、声優の力量に頼っていると言えなくもない。お風呂シーンがやたら出てくるのも一種のギャグなのだとは思う。アクが後半活躍しないのが残念。

JRF2019/10/82816

『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』。…もやはり絵にかける予算は少なそうだが、ラティナが娘かわいいのでニヤニヤ見ていられる。ストーリーの核心的な部分はあまり深く掘り下げられなかったが、それが売りのアニメでもないとは言える。小説の紹介ページを見ると、結末がやや問題があるようだが、悪評ばかりでないところを見ると、ほんの少しかもしれないがそういう需要も女性側にはあるということだろう。

JRF2019/10/89474

『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』。すごいね。娘と来たらお母さんですか。それは発想としてはありうるが、ホントにやりますか…といったところ。異世界設定は軽め、RPG 要素多め…お父さんは出てこず母との問題だけで物語を作る…ということで、当初のインパクト以上のものはないような気が私はした。

JRF2019/10/89726

『ありふれた職業で世界最強』と『異世界チート魔術師』は、ネットでは不評だったが、私はおもしろく見れた。CGI がヒドイとかは私はまったく気にならないのも大きいのかもしれない。前期の『盾の勇者の成り上がり』のように、「チート」といっても一方的でなく、逆境があるのが流行りで、私はそれもおもしろいと思う。

JRF2019/10/89531

……。

その他。

『コップクラフト』。ティラナが生意気異星人かわいいアニメ。マトバもイイ性格で、シナリオが練られていておもしろかった。これも評判が良かったのであとから d アニメストアで観たくち。

JRF2019/10/83481

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO (2クール目)』。ラストの意味がよくわからなかった。超念石を神奈やアマンダが持っていたことも不思議だし。そもそも、タクヤが消えた世界で、タクヤはいなかったことになるのか? …とかもわからず、それが最後まで見ればわかるかと思ったがそうでもなかった。リメイク版が出るずっと前にサターン版を中古で買ってまだやってないんだけど、それをやってみるべきなのか?

JRF2019/10/81337

『彼方のアストラ』。ハード SF かどうかで話題になっていたが、私は人間ドラマの部分がいまいち好きになれていない…というか主人公のアリエスがいまひとつ好きになれなかった。

JRF2019/10/89613

『グランベルム』。まどかマギカ系二頭身ロボットアニメ。「プリンセプスの魔術師」が最初「フリーセックスの魔術師」に空耳して驚いた。下品ですまん。内容はまずまずの佳作だと思う。

JRF2019/10/88328

あと、『とある科学の一方通行』、『Dr. STONE (1クール目)』、『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』を観た。

JRF2019/10/81238

……。

d アニメストアでは上で書いた新作の一部の他に、『魔法のプリンセス ミンキーモモ』(海モモも空モモも)の OVA などを見たり、上で書いたように『のんのんびより』シリーズを観たり、『きんいろモザイク』シリーズを観たりした。

JRF2019/10/88226

……。

今期のアニソンについては、[cocolog:91199813] で、購入する前に>『お願いマッスル』(『ダンベル何キロ持てる?』OP)、『輪!Moon!dass!cry!』(『女子高生の無駄づかい』OP)、『町かどタンジェント』(『まちカドまぞく』OP)がお気に入り。<と書いたが、購入後フルに聴いたところでは、『お願いマッスル』が最も良いと思った。『輪!Moon!dass!cry!』は二番の歌詞がいまいち、『町かどタンジェント』はテレビサイズにないところのメロディーが、も一つだと思った。

JRF2019/10/81065

……。

毎度同じく、こんなにアニメばっかり観てていいのかなぁ…と思う。クラシックやアニソンを聴いているか、アニメを観ているか、マンガを読んでいるか、レトロゲームをしているか…で一日が終る。特に今期はマンガを再び読むようになったのが大きく時間を奪うことになった。まともな本の読書はあまりやっていない。プログラムはアイデアを練るだけ…。

働いている方々には申し訳ないと思いつつ…。

JRF2019/10/86276

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »