« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

cocolog:91767541

スピーカー YAMAHA NS-B330 を購入。前と前の前のスピーカーのいいとこどりを狙った。値段が一クラス高いだけあって、D-112EXT のようにクリアで、SS-CS5 のように低音もしっかりした「リアル」な音色。ただ、重低音を出すのが難しい。 (JRF 1424)

JRF 2020年3月21日 (土)

2年ほど ONKYO D-112EXT を使って断続的に [cocolog:88958063] でレビューしてきた。それを ほぼ先週、SONY SS-CS5 に買い換えて [cocolog:91748948] でレビューした。この「ひとこと」はその続き。

JRF2020/3/219460

SS-CS5 に買い換えて数日だが、D-112EXT と比べたときそのピアノの音色がどうにもガマンがならなくなって、非常に大きく予算オーバーだが、YAMAHA NS-B330 を購入。SS-CS5 は「お客様都合」で Amazon に返品した。

《ヤマハ スピーカー NS-B330(MB) 木目ブラウン》
https://www.amazon.co.jp/dp/B01822ZAX4
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/speaker_systems/ns-b330/index.html

JRF2020/3/216317

ちなみに更新してないシステムは、CD プレイヤー+アンプの ONKYO CR-N765、サブウーファー YAMAHA YST-FSW050、スピーカー台 ハヤミ工産 SB-525、スピーカーケーブル バナナプラグ付き BELDEN 8460、電源タップ CLASSIC PRO PDS8 + サンワサプライ TAP-AD2N。

JRF2020/3/216517

……。

届いて箱を開封する。包装がかなりしっかりしていて、一度外すと元には戻せない感じ。サランネット(グリルネット)とスピーカー本体の間にも緩衝材があるので注意。サランネットはとりあえず付けたまま使うことにする。

JRF2020/3/211793

NS-B330 には底に、3点支持のゴム足(プラ足)が付いてくる。スピーカースタンド SB-525 に NS-B330 を直置きする。SB-525 の天板のサイズは 18cm × 24cm で、NS-B330 のサイズにピッタリ。なお、インシュレーター audio-technica AT6098 をこれまで使ってきたが、今回は使わなかった。

JRF2020/3/217667

接続はバナナプラグで簡単。スピーカーケーブルは最初 CANARE 4S6G を使ってみる。が、どうも曇りがあるように感じるので、すぐに BELDEN 8460 に換えた。テーブルタップ PDS8+TAP-AD2N は最初使ってなかったが、微妙に曇りを感じるので、使うようにした。BELDEN 8460 を使うときは、PDS8+TAP-AD2N を使うのがこれまでのセオリー。

JRF2020/3/218408

……。

聴いてみると、低音がコンコンして D-112EXT みたい。これは低音が出てないな…と気づいて、最初、広めに配置していたのを空気が薄型テレビに多く当るよう狭める。スピーカーの端から端の間は 74cm、中心から中心は 92cm、薄型テレビとスピーカーの背の距離は、15cm。これでかなり良い低音が出るようになってビックリする。

JRF2020/3/212718

ただ、これは NS-B330 の大きな欠点だと思うのだが、空気穴「ダクト」が後ろについているのは、他のスピーカーと同じだが、そのダクトが真ん中ではなく前から見て右、後から見て左に寄っている。

JRF2020/3/217615

そのため、左のスピーカーはテレビに空気が当たるが、右のスピーカーはテレビに空気が当たらない。そこで、テレビの右側にプラスチックの棚板(サンコー L-BOARD2)を付けて羽みたいにした。本当はバランスよくテレビの左側にも同じものを付けたいのだが、もう売ってないので今は諦めている。

JRF2020/3/214610

……。

CDプレイヤー+アンプの CR-N765 には、音を加工せず出力する Direct ON のモードと、低音を強調した PM.Bass ON のモードがある。

最初、Direct ON のモードで聴く。やはり、私には Direct ON ではもの足りない。すぐに PM.Bass ON にする。

JRF2020/3/212664

鋭い低音がすばらしい。私は場所がないため、スピーカーを壁の近くにできないが、もし、そういう設置方法ができるなら、サブウーファーはいらないと考えられる。しかし、私はそういう設置ができないので、サブウーファーも使うことにする。

JRF2020/3/212856

……。

初期設定がだいたい終って、じっくり聴いてみる。まずはクラシック。ボリュームは 24 から 28。

D-112EXT のような輪郭のハッキリしたピアノの音がし、SS-CS5 のように低音が鳴っているのがわかる。イイトコドリは成功したようだ。オーケストラのヴァイオリンの表現が見事。

JRF2020/3/215338

ただ、オーケストラのチェロやビオラやトロンボーンやテューバの低音は SS-CS5 のほうがわかりやすかったかな…と思う。ただ、どちらが「リアル」かというと NS-B330。SS-CS5 では出なかった「黒い低音」が出ている。ビオラは隠れやすいが、リアルな音はしている。

ファゴットやクラリネットの木管のふくらみは D-112EXT のほうがイイ面があったように思うが、どちらが「リアル」かというと NS-330。クラリネットの繊細な音色が味わえる。

JRF2020/3/214383

室内楽は SS-CS5 のときは CANARE 4S6G にして最後は少しマシになったが、絶望的な感じだった。それが NS-B330 はすばらしい。ピアノの音は D-112EXT とほぼ同等で、弦の繊細さは明らかに上。

JRF2020/3/216447

……。

今度は、ジャズやアニソンを含めた「ポップス」を聴いてみる。ボリュームは 12 から 15。サブウーファーは使わない。

ボーカルの個性は SS-CS5 のほうがよくわかったかな…と感じる。「リアル」なのは NS-B330 で、SS-CS5 は強調されていたという感じだが。

JRF2020/3/213644

寝ころんで聴くと、Direct ON だと高音がキツイ、PM.Bass だと低音がキツイ。これまでほとんどやらなかった Direct OFF PM.Bass OFF にすると少しマシだが、どの音もキツイという印象は変わらない。

試しにインシュレーターの4点支持にしてみるが、あまり意味はなかった。インシュレーターを外す。

JRF2020/3/219282

が、「まさか」と思って、サランネットを外してみる…。

すごい! SS-CS5 も D-112EXT も目じゃない。クラスが上のスピーカーはこんなにスゴイのか!

ボーカルの個性が感じられるのはあたりまえ。ハーモニカとかシンバルとか特に感動的。Direct ON の高音もキツいなんてぜんぜん感じない。とても自然。PM.Bass の低音もぜんぜんキツく感じない。こちらのほうが好みだ。

NS-B330 はサランネットを外すことで実力を発揮するタイプのスピーカーだったか!

JRF2020/3/211069

ちなみに、サランネットを戻すと、さっきはちゃんと嵌ってなかったのか、それとも耳が鳴り方を理解したせいか、かなり聴けるようになっていた…。

JRF2020/3/217869

……。

クラシックではサランネットがあってもまともに感じたのはボリュームが大きかったからかな。

クラシックもサランネットを外すと…、あまり変わりがない。

そして、やはり、響きがキツイ。

スピーカー位置や角度を少し変えてみるが、あまり改善はない。

JRF2020/3/211331

スピーカーケーブルでも変えてみるか…と、CANARE 4S6 を使ったりもしてみた。少し響きは柔らかくなるのだが、バランスのよい CANARE 4S6G でも「黒い音」の出る BELDEN 8460 でもない中途半端な 4S6 がいいというのが許せなくて、4S6G を試すことにする。

4S6G は最初のときのように曇りがあったり、コンコンしたりする感じはない。耳が慣れたか、スピーカー位置が変わったせいか…。BELDEN 8460 のように NS-B330 の個性を伸ばす方向ではないが、響きは心なしか柔らかくなったかな。

JRF2020/3/214231

なお、4S6G を使うときは、テーブルタップ PDS8+TAP-AD2N は外すのが私のセオリー。

… 4S6G は響きの真っすぐさが魅力ではあるが、ピアノのアタック音が少し寂しい。また、女性ボーカルは 8460 のほうがいいように思う。やはり個性を伸ばす方向の 8460 に戻す。4S6G か 8460 はこの先も迷いそうな感じ。

JRF2020/3/217125

……。

テレビの音…毎回その週に録画した『岩合光昭の世界ネコ歩き (mini)』を聴いて試していて今回もなのだが、D-112EXT と SS-CS5 の両方に負けてる部分がある感じ。AV 向きではないということか…。というか、おそらく私の耳がまだ「エージング」されてないということだと思う。

ちなみにテレビに付けていた羽、サンコー L-BOARD2 は外したというか、テープがはがれて外れて落っこちたので、外しておくことにした。低音はサブウーファー頼りに…。

JRF2020/3/212142

背面ダクト位置のせいで右の低音が出なさそうのが気になるので、変態的だが、スピーカーをリスニング位置から外側にほんの少し傾ける。低音をテレビの端で乱反射させるイメージ。まぁまぁ、よくなった。

JRF2020/3/213866

……。

が、根本的には、あまりよくない。NS-B330、こんなものなのか…。

D-112EXT と違ってニアでも遠くでも大して差がない。むしろ、ニアで聴くときにキツ過ぎて辛い。

JRF2020/3/212831

…というので、思い切ってテレビ周りの部屋の模様替えをし、スピーカー台を壁から 18.5 cm ぐらいのところで、テレビを挟んで置くようにしてみた。サブウーファーも横置きから縦置きに変更。スピーカーとスピーカーの端から端の距離は、93cm。ややリスニング位置側・内向きに傾ける。

…このほうがマトモに聴こえるなぁ…。NS-B330 のキツい音色はニア向きではないということか…。

JRF2020/3/212407

低音は、壁が砂地で粒々があるせいか柔らかいせいか、テレビに低音をあててるつもりのときのほうが、鋭かったような気がするが、なぜか、高音・中音は今のほうが良い。

…はるかに良い。ああ、こうすべきだったんだ…。

「テレビの音」も D-112EXT や SS-CS5 にまったく負けていない。これが正解だったんだな。

JRF2020/3/213190

……。

「ポップス」を聴いてみる。よくはなった。が、ボーカルの表現は SS-CS5 に負けてるように思う。サランネットを外した瞬間は NS-B330 も良いように思うのだが、長く聴くと SS-CS5 に軍配が上がる気がする。『ゆるゆり』の OPED の4人の声優の声で比較するとそういう感じ。ただ、クラシックの合唱曲だと、SS-CS5 はまともに再生できてなかった感じで、NS-B330 のほうがはるかに良いのだけど。

JRF2020/3/213614

「ポップス」を聴いていると、低音が出てないことに気づく。これを出そうとして、スピーカーを壁に近付けるときにはじめて気付いたことがある。

私の部屋は和室でテレビに向かって前と右に引き戸がある。前の引き戸の開けるスペースがくぼんでいて、右のスピーカーの後ろの壁までの距離と左のスピーカーの後ろの壁までの距離が違うことに気付いたのだ!orz

JRF2020/3/210571

スピーカーを壁に近付けきって右のスピーカーを背からだいたい 12cm、左のスピーカーをだいたい 10cm の位置にした。本来は、右のスピーカーは 14cm の位置が前が揃う位置。それを少し後ろにした。スピーカーの端と端の間は 97cm。

そして、スピーカーはほんの少しリスニング位置向きにする。右のスピーカーの傾斜は心なしか真っすぐめに。

こうしたほうが、低音だけでなく高音・中音なども中央に揃っている気がする。

JRF2020/3/214294

「ポップス」はスピーカー向かって右横から右後方にあるベッドに寝ころがって聴くことが多い。寝ころがってきくと PM.Bass ON 低音のキツさを感じるが、重低音的な部分が出ていない。

左右を少し、いびつに配置するのは、ベッドで聴くだけなら、スピーカーは真っすぐにしてダクトからの空気を真っすぐ壁に当てたほうが低音が出て良さそうだが、中央リスニング位置での高中音のよさを重視すると少し傾けたほうがいい…という最適化の結果。

JRF2020/3/215092

クラシックを聴くときはサブウーファーが使えることもあって低音の不足はない。サブウーファーなしでも結構低音が出てる。「ポップス」を聴くときのようにボリュームが小さいと低音が出にくいとかあるのかもしれない。

「ポップス」は、キツさを避けならが低音を強調するため、Direct OFF PM.Bass OFF Bass +1 ボリューム 12 から 15 で聴くことにした。ちなみにクラシックは PM.Bass ON でボユームは 24 から 26 + サブウーファー。ただ、クラシックも Bass +1 したほうがいいかも…。

JRF2020/3/213486

……。

追記。

「ポップス」について音を追い込むのに二つのことをした。

一つは、CR-N765 の高音 Treble -1 にし、低音 Bass +2 にした。もう一つは、テレビ台の上に 6.5 cm の台を載せその上にテレビを載せ、テレビの下に「空気孔(ダクト)」を作った。

Treble -1 は、女性声優の歌とかがどうも上ずって聴こえるため。Treble -2 でもいいかと思うくらい。Bass +2 は低音が出ていないから。PM.Bass OFF Direct OFF。NS-B330 は D-112EXT に比べ、高音・低音の設定を変えても破綻しにくい感じ。

JRF2020/3/228036

ただ、そうやって低音を増しても、ベースはボンボン、キツめに鳴るのだが、太鼓の音が聴こえない。そこで思い付いたのが、テレビ台の上に台を置いて「空気孔」を作ること。

スピーカーのダクトから空気が当たって壁が鳴っているのは明らかなのだが、その音が前のテレビに塞がれて、テレビと壁の間に音場ができているのが気になっていた。その空気を前に出すイメージで、「空気孔」を作ったのだった。

JRF2020/3/223598

これにより、ベースの音は弱まった気がするが、太鼓の音は聴こえるようになった気がする。このほうがいい。

ちなみに、D-112EXT のころは、今と同じく、スピーカー周りの空間をあけるためテレビ台の上に台を置いてその上にテレビを載せていたが、SS-CS5 に換えたときに、テレビの前にある SS-CS5 の背面ダクトの低音を逃さず反射するためにその台を取り除いていた。それを別の理由で戻したということ。

JRF2020/3/225916

……。

追記。

SS-CS5 の返品。こちらの返金理由の指定ミスで、本来の半額返金ではなく全額返金になってしまった。Amazon に相談したけどもう手続き的にどうしようもない感じ。SONY の人、ごめんなさい!

上に見てきたとおり、悪くないスピーカーなので、これが好きで買う人もいるだろうし、スピーカーを置く余裕があれば余計に買ってもいいぐらい…と宣伝しておこう。

JRF2020/3/240422

《SONY スピーカーシステム 3ウェイ (2台1組) SS-CS5》
https://www.sony.jp/audio/products/SS-CS5/
https://www.amazon.co.jp/dp/B00JJ95YC2

JRF2020/3/246784


……。

NS-B330。なんか聴いていると D-112EXT と同じような音になってきた。これでは買った意味がない。…とケーブルを 4S6G にして、少なくともそこは違いがあるようにする。

テーブルタップ PDS8+TAP-AD2N は「セオリー」に反して使う。そのほうが元気があったから。逆に 8460 はテーブルタップなしのほうが、上ずりが少なくいい感じだった。

4S6G でテーブルタップありにすると、一時は、とても「素直」な音がした。8460 は味付け過ぎだったんだな…と逆に思ったくらい。

JRF2020/3/244602

Bass +2 Treble 0 PM.Bass OFF Direct OFF。「ポップス」もクラシックもこの設定で聴いている。Bass +2 がないと耳がおかしくなってだんだん高音が上ずっていくイメージがある。

NS-B330 は「エージング」のないスピーカーという評があったんだけど、4S6G に「エージング」があるということかな? 明らかに 4S6G をガマンして聴いていると、音が違ってくる。耳がおかしくなる…だけでは説明できない。

JRF2020/3/243212

『まちカドまぞく』OP を聴いていると、最初、とても上ずって聴こえたのが、しばらくしてもう一度聴くと問題なくなっている。ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲([cocolog:90248157])も途中でエラく変わった。響きがキツいのはそのままだけど。

変わり目がわからない。「エージング」というよりやはり電力事情の問題なのかなぁ…。

JRF2020/3/241174

……。

あと、本を読みながら、うつむいて片耳を前に向けて聴くとイイ音がしてるんだよね。スピーカーと耳の位置の問題なのかなぁ…。でも、イスからずり落ちた低めの位置で聴いてもそこまでよくないんだよね…。何なんだろう?

JRF2020/3/241728

……。

追記。

サブウーファーに初手から頼ったのが失敗であった。NS-B330 の低音の鳴り方を理解する前にサブウーファーを使うべきではなかった。

NS-B330、それだけで十分低音が鳴っている。

まずスピーカーケーブルは 4S6G で、テーブルタップ PDS8+TAP-AD2N は使わないようにした。直接的には、上ずりのギラつきが気になったのであったが、それ以上に、テーブルタップを使っても「電力事情」が影響するなら、むしろ「電力事情」に信頼したほうが、スジがいいと思ったから。

JRF2020/3/257492

それで試しにサブウーファーなしでガマンして聴いてみることにした。チェロソナタ([aboutme:135698])を聴きながら、Bass +2 から Bass +1 Bass 0 へと変化させていく。低音は鳴っていないわけでない。むしろ、壁にスピーカーを近付け過ぎて変な低音になっているのではないかと考え、スピーカーと壁の距離を右 19cm 左 22cm ぐらいに離してスピーカーの前を畳のスジで揃えた。

JRF2020/3/257752

そして他の曲([cocolog:72139046])を聴いていて気付いた。私は重低音が気になって後ろの穴や前に台で作った「空気孔」を気にしていたが、そうではなく、素直にスピーカーの前のウーファーに意識を集中すれば、良い低音が聴こえるのに気付いた。

JRF2020/3/254604

リスニング位置に座ると、ほとんどツィーターが耳の前に来るのでそこにばかり意識が行っていた。その意識を下に向けウーファーの音を基本聴き、ツィーターの音は自然に耳に入るよう心掛ければ、十分な良い低音が鳴っている。サブウーファーに頼り過ぎてそんなことも今まで気付かなかったのだ。

慣れれば、意識せずに低音に集中できるのではないか?

だから、今はクラシックも「ポップス」も Bass 0 Treble 0 PM.Bass OFF Direct OFF でサブウーファーなしで聴けている。

JRF2020/3/252670

……。

これに気付く前は、壁とスピーカーの位置が気になって、むしろ、左右のスピーカーの壁からの距離を揃え、CR-N765 の左右バランス調整で Balance R1 にするのを試したりした。

しかし、左の音量が小さくなるだけでなく明らかに解像度が下がるのに気付いたため、それをやめたのだった。

JRF2020/3/257166

その代わりに、左が少しこもっているから、右もこもらせようと、本入りのダンボールを2つほどサブウーファーの上に載せるようにした。ただ、その後、サブウーファーをほとんど使ってないので、これでいいのかはまだ十分試せていない。

とにかく、今は、サブウーファーなしで耳を慣らそうとしている。

JRF2020/3/256207

……。

追記。

また変態的設定、スピーカーを外向きにするのを試している。前はダクトの空気をテレビにあてるためだったが、今回は、(ダクトの空気のことをちっとも考えてないわけではないが、)キツい響きのツィーターのスィートスポットをわざとはずし、ウーハーの低音をキワ立たせようとして。

JRF2020/3/267526

まぁ、ウーハーも少し弱くなった気がするが、聴きやすくなった気がする。あと、テレビを前にして右にベッド、左に机があるのだけど、机に向いているときや、ベッドで寝てるとき、スピーカーがそちらに向いてるのは意味があるかな…とか思わないでもない。

スピーカーの角度は tan が 3:27.5 ぐらいになる。スピーカーの前面の端と端の距離は 95.5cm。

JRF2020/3/260351

……。

……。

追記。

NS-B330 + 4S6G には「エージング」が必要だったようで、時間がたつごとに良くなってきた。低音がかなり大きく聴こえるようになってきた。

ただ、4S6G が「いい」なら、試したいことがあった。4S6G の「上位互換」と目される CANARE 4S8G の使用である。「エージング」で音が固まり切らないうちに是非試してみたい…と↓を購入。

JRF2020/4/12862

《CANARE カナレ 4S8G 無酸素銅線 バナナプラグ付 スピーカーケーブル 2本セット (1.5m)》
https://www.amazon.co.jp/dp/B07NQ6LC5T
http://c-onkodo.com/shopdetail/000000000458/ct64/page1/order/

JRF2020/4/15757

SS-CS5 の返金が「全額」でなかったならこの時期にはまだ買ってなかったはず。「全額」だったのが申し訳なくて、埋め合わせしたかったというのもこの時期に買った理由の一つ。

JRF2020/4/17750

ただ、4S8G を買うとしても、バナナプラグ付きにするか、バナナなしにするかで迷った。「もしも」ときの換えやすさを考えてバナナプラグ付きにするとしたが、同じ音光堂の製品でもバナナプラグが、「ONKODO BP-312GC 燐青銅金メッキ」の安物と「ONKODO BP-208BR ベリリウム銅製 ロジウムメッキBFAタイプ」の高級品があり、高級品は買えないとしても安物はダメなんじゃないかと考えたりした。

JRF2020/4/14232

が、これまでの CANARE 4S6、4S6G、BELDEN 8460 についていたプラグは同じもの(ONKODO BP-146G リン青銅 金メッキ)だったが、BP-312GC とはプラグの形状こそ異なれ素材は同じとのこと。それは比較するにはちょうど良い。BP-312GC のほうが BP-146G より安いのも気になるが、それは端子以外の部分の材質の違いからだろうと思い込むことにして、エイヤッ…と買ってしまった。

JRF2020/4/17526

BP-312GC の形状は、通常のバナナプラグとは少し違い、差し込むときかなりキツかった。が、それはガッチリはまるということで逆に好印象。

JRF2020/4/14337

……。

聴いてみる。

低音は暗くなり質はよくなったと感じるが、弱くもなった。「上品になった」と言えるかもしれない。でも、4S6G も最初は弱かったので、「エージング」で強く感じるようになることを期待。

JRF2020/4/19237

高・中音は華やかになった。4S8G は NS-B330 のリアル指向にマッチしていて、かなり「正解」に近付いたと感じる。4S6G や 8460 は NS-B330 で使うにはクラスが、または、太さが合わなかったのかもしれない。

N響1928回放送録画のディエゴ・マテウスの『ベルリオーズ: 幻想交響曲』の終楽章、テューバの音が 4S6G や 8460 ではかなり割れる部分があったのだが、4S8G ではそれがかなりマシになっている。ただ、どちらが再生として正しい表現なのかはよくわからない。

JRF2020/4/15895

……。

とにかく、「エージング」に期待して 4S8G でしばらく聴いてみるつもり、低音の「上品さ」・弱さにガマンできなくなったら、4S6G に換えることもありえなくはないが、その可能性は低そう。

JRF2020/4/17122

……。

追記。

4S8G に換えて、低音の輪郭が欲しいとなって、スピーカーの向きを真っすぐ・平行にした。

やはり、ときどき低音の弱さを感じる。「エージング」は 4S6G のときのようには効いてない感じ。「エージング」はすでに 4S6G のときに十分済んでいたということか? Bass +2 とかを試したりするが、そうしてもあまり低音が強くならずイイとは感じない。

ただ、4S6G や 8460 に戻す気はしない。低音の質は良くなっているから。

JRF2020/4/45708

サブウーファーを試したあと、再びサブウーファーなしで聴くと、絶望的に低音が聴こえなくなった。サブウーファーの前の設定のままだと、音量が大き過ぎたのかもしれない。サブウーファーの音量を小さくして試している。ただ、4S8G でもサブウーファーの効果があるのは確実。

私の最近のオーディオ狂いは、サブウーファーの購入がキッカケだった。サブウーファーはかなり気を付けて使わないといけないものなのかもしれない。それまでオーディオに慣れていた耳が変になるのかも。

JRF2020/4/43988

……。

振り返って。

D-112EXT はニアで聴いたときの解像度がかなり良かったなぁ…と思う。NS-B330 はニアで聴くより少し離れたほうが実力がわかる感じ。D-112EXT は少し離れて聴くと「凡庸」だった気がするが、さらに離れて、部屋の外から聴いていると、高音が聴こえないながらも、穏やかな響きがしてそれは良かった。

JRF2020/4/43489

SS-CS5 は、スーパーツィーターがあるせいか、ブルックナーの7番([cocolog:91690465])を聴いていたとき、かなりの高音が聴こえてその美しさにビックリしたが、周波数特性的に NS-B330 はそこまでの高音は聴こえないのかな…。SS-CS5 でも NS-B330 でも、ブルックナー7番を聴くときは 8460 では粒がたって美しくなく、4S6G や 4S8G を使ったほうがまっすぐな響きが美しかった。あと、SS-CS5 は女性ボーカルの表現が良かった。

JRF2020/4/45405

NS-B330 も「エージング」が済んだのか、女性ボーカル・男性ボーカルに不満はなくなった。「テレビの音」もいい。

最初、重低音が出てないと言って、設定・設置に迷ったが、それは私の耳がサブウーファーでダメになっていたかららしい。今、設置にそこまでこだわってない壁から離した NS-B330 でも低音は聴こえているし、たまに重低音は鳴っている。これがナチュラルなサウンドなのだろう。

JRF2020/4/42875

あと、これは気のせいなのかもしれないが、電車がこんでいるだろう18時から20時ぐらいまでの間に聴くと、音が悪いという評価につながっていることが多いような気がする。やはり、電力事情はそれなりに影響しているのではないか?

JRF2020/4/42191

……。

……。

追記。

音がキツイ原因の一つがわかった。

スピーカー台 SB-525 の下の台の上に重りとして鉄アレイを置いている。前後に 5kg の(ソフト)鉄アレイを一つずつ、左右のスピーカー台で合計 4 個。

JRF2020/4/91016

それで、支柱を挟んでいたのだが、それが音を固く、キツくする原因の一つだったようだ。D-112EXT を使っていた最後もそうしていて、それが原因でキツイと感じはしなかったので、NS-B330 だからこそキツくなったということはあるだろうとは思うが。

JRF2020/4/98458

SB-525 の二枚の板で構成される支柱を前後から挟むと音が良くないというのは気付いていて、前は支柱に接触しないようにしたりしていたのだが、後ろも接触しないようにさせることでキツさがかなり柔らいだ。

鉄アレイをまったく乗せないと音が「華やか」または柔らかになり、特に太鼓の音が広がりが出てそこは良いのだが、中・高音が犠牲になりピアノの音が明確に悪くなる。

JRF2020/4/96255

5kg の鉄アレイを前に二つ積んで乗せ、後ろは何もなし、または後ろに 1.5 kg の鉄アレイを申し訳程度に乗せるというので、「これでヨシ」としかけた。そうすると、中・高音がしまってピアノが満足な音、さらにラッパの音がかなり良くなり、太鼓の音はまぁ、許せるレベルになる。…という感じだった。

JRF2020/4/93435

しかし、オーケストラ・バイオリンの音とかが高くなる感じなのと、前だけが重いことの変態性が気になり出し…、5kg の鉄アレイを支柱の左右に置く。ただし、支柱には接触させない。…という置き方に落ち着きつつある。

JRF2020/4/98456

……。

あと、スピーカーの向きをリスニング位置の向き・内側に少し傾けた。スピーカーとスピーカーの端から端の距離は 87cm とテレビの横ぎりぎりにかなり近づけた。スピーカーの背と壁の距離は 左 19cm ・ 右 22cm で、スピーカーの前は揃ってるはず。スピーカーの角度は、tan が 4.5 : 27.5 ぐらい。サブウーファーは基本、使わない。

JRF2020/4/95412

NS-B330 のマニュアルでは、AV シアター向けにはスピーカーの向きは真っすぐ・平行に描いていて、ピュアオーディオ向けには内側に傾けるように描いている。ピュアオーディオ的に使いたいが、テレビで響きがマスクされることを考えると、平行に使うべきなのか…とまず考えた。

JRF2020/4/91065

ただ、響きがキツくなくなったこともあり、少し傾けたほうが音が良く聴こえることもある。そこで、角度をあまりつけずに傾ける方法というと、スピーカーの距離を近付けるということになり、スピーカーをできるだけ近付けた次第。

JRF2020/4/97806

……。

……。

追記。

スピーカーを ONKYO D-112EXT に戻した。YAMAHA NS-B330 は箱にしまった。

JRF2020/4/177827

キッカケは、NS-B330 で、あるポップスの消防車のベルサイレンのような音が聴こえなかったこと。ケーブルを変えてもダメ…ということで、D-112EXT にした。しかし、結局、D-112EXT でも聴こえなかった。よくよく調べると、CD ソースをいろいろな再生機器で再生したところはじめから音がつぶれていたことがわかった。…というオチ。

JRF2020/4/173864

ただ、D-112EXT に一時的なつもりで戻してみて、NS-B330 と比べたその響きのやさしさがよく、戻したままで固定することになった。NS-B330 のキツイが立体的な響きに対して、D-112EXT は薄っぺらい音なのかもしれないが、鑑賞するときに無意識に音をどこまでも追える。特に「ながら聴き」のときの差が大きい。NS-B330 のときは、キツイ音にストレスを感じていたんだなぁ…と気付いた。

JRF2020/4/179101

さすがに、低音は NS-B330 のほうが表現力があった。チェロの中音などは D-112EXT では出ない音がしていた。ただ、NS-B330 で弱い低音を探すのに慣れたおかげか、前は不足を感じていた D-112EXT の低音の不足をほとんど感じなくなった。『クラシック音楽館』を観るときは、サブウーファーが欲しいが、それは NS-B330 のころでもそうだった。

JRF2020/4/172496

高音は、NS=B330 は私のこれまでのスピーカーとは違う鳴り方をしていたように思う。ある程度、高くなってくると高音がダマになっていると私には聴こえるのだが、それ以降の「高音の伸び」の部分が、音のキツさ・音圧で表現されているような印象。ヴァイオリン・ソロとか、もしかするとこれがナチュラルな音なのかと思ったりしたが、私には理解できない、というか、許せなかった。高級スピーカーというのがこういう音を作るものなら、私はもう「高級スピーカー」はいらないな…と思う。

JRF2020/4/178663

スピーカーケーブルも ONKYO 純正の、噂では「モンスターケーブル XP」らしいケーブルに戻した。インシュレーターは、AT6098 の四点配置。前は、CR-N765 の Direct OFF PM.Bass OFF は中途半端で良くないと思ったが、NS-B330 の経験でその良さに気付いたので、そのモードを使っている。

JRF2020/4/174050

スピーカーの端と端の距離は、76cm。かなり前に(テレビの前に)出して、テレビからスピーカーの背までの距離は 12cm。これも前はしなかったのだが、良さに気付いたので、スピーカーを自分向きに傾けて、角度は tan が 7:26.5 ぐらい。

JRF2020/4/178698

NS-B330 が恋しくなって戻すこともありえるかもしれないが…。おそらく ONKYO CR-N765 との相性の問題もあったのだろうから、それは CR-N765 を買い換えるときかもしれない。

JRF2020/4/170861

……。

追記。

スピーカーは D-112EXT のまま、少し微調整した。

まず、スピーカーケーブルの末端を新しくした。前の末端を切り落として、被覆をむいた。これにより、曇りが少し晴れたように思う。

JRF2020/4/241321

次に、テーブルタップ PDS8+TAP-AD2N を使うようにした。高音が上に、低音が下に伸び、響きがクリアに安定したように思う。欠点である「うわずり」は今回は高音が上に伸びてると感じ、トレモロのような揺れは Direct OFF だからか目立たない…というかほとんどわからない。

JRF2020/4/240887

そして、耳にスピーカーを近付けるため、スピーカーをさらに前に出し、角度をさらに自分向きにし、ほんの少し左右を離した。スピーカーの端から端の間は 80cm。薄型テレビとスピーカーの背の距離は、17cm。スピーカーの背の端と壁の距離は、右が 49cm、左が 46cm。スピーカーの角度は tan が 10:26 ぐらい。

JRF2020/4/245114

ちなみに、サランネットは外すのが基本。ただ、長く聴かないときとかはサランネットを着け、聴くときだけ外す方針。

また、スピーカースタンドの下の台の上に前後 5kg ずつの重り(鉄アレイ)を載せ、ぎりぎり支柱には接しないようにしている。

JRF2020/4/246353

サブウーファーは、クラシックを聴くときは使う方向。以前 D-112EXT を使っていたころよりは小さめの音量で。メインのボリューム 26 に対し、サブウーファーのボリュームは 1.2 ぐらい。サブウーファーはサブウーファー出力ではなくライン出力に Y ケーブルでつないでいる(参: [cocolog:91478954])。

JRF2020/4/249225

SS-CS5 と NS-B330 を経験したことで、D-112EXT に対する「納得度」は確実に上がっている。

JRF2020/4/242100

……。

……。

追記。

CR-N765 の M.OPT 機能について。説明書には次のようにある。

>MP3 などの非可逆圧縮ファイルでは、音源の圧縮により、もとの音源よりも音質が低下しています。MUSIC OPT を使用することにより、圧縮された音源の最適化を行います。この機能はサンプリング周波数が 48kHz 以下の音楽信号に働きます。<

注意すべきは、CD にもこれが適用されることである。

JRF2020/4/265758

M.OPT ON は、「ポップス」を聴くときは、高音も低音もなかなかいいのだが、クラシックでは微妙な面がある。高音・中音はまぁ、いいのだが、低音がエッジが取れた感じでコントラバスの「暴力的な音」が出にくくなる。

NS-B330 の音のキツさをやわらげようと、高音のエッジを取る目的で使用しようにも、低音の問題で「ダメだ」となる。「ハイレゾ」スピーカーだから、入ってくる音がハイレゾっぽいほうがいいのかと思ったが、それだけが問題ではなかったようだ。

JRF2020/4/263036

今使っている D-112EXT だと PM.Bass ON が使える。これといっしょに使うと、M.OPT ON は力を発揮するようだ。低音の問題を PM.Bass ON が補うからだ。ONKYO 製品どうしの相性もよいのだろう。

JRF2020/4/265101

私は PM.Bass ON に慣れてしまったせいもあり、とくにサブウーファーなしで CD を聴くときは PM.Bass ON がよく、その場合、M.OPT ON を使うかどうかは迷うぐらい On も Off もどちらも良い。が、「ポップス」を聴くときは PM.Bass ON M.OPT ON が明らかによく、クラシックを聴くときもそちらに傾いている。PM.Bass ON M.OPT ON だと太鼓が表現力豊かでいい。

JRF2020/4/269830

「ポップス」を聴くときも、M.OPT を ON から OFF にすると、明らかに音が明るくなるため、一瞬良く思って M.OPT ON の選択肢はないような気もするのだが、長く聴いていると評価が変わる。…まぁ、個人の感覚だが。

JRF2020/4/263237

……。

追記。

M.OPT 問題。迷っている。

サブウーファーを使うときは、PM.Bass ON にすると低音が喧嘩するのか、ちょうどいいサブウーファーの音量が曲ごと場所ごとに違う感じがしてよくない。サブウーファーを使うときは、PM.Bass OFF Direct OFF にしないといけない感じ。もちろん、サブウーファーを使ったほうが、PM.Bass ON よりは重低音が聴こえて私の好み。

JRF2020/4/287318

その上で、M.OPT を ON にするかどうかだが、NHK の放送録画を聴くときは、M.OPT を ON、CD を聴くときは M.OPT を OFF という感じになりつつある。

JRF2020/4/285855

M.OPT OFF だと、ヴァイオリンが高音に張り付いた感じが出るんだけど、放送録画を聴くときは、それよりは M.OPT ON のほうがエッジが取れてよく聴こえる。CD を聴くときは、ヴァイオリンの問題があってもこれまでの慣れのせいか、M.OPT OFF のほうがバランスがとれてるように感じる。CD を聴くときは、M.OPT ON にすると音が中央に寄り過ぎるような感じがしておもしろくない。

JRF2020/4/280972

サブウーファーなしで PM.Bass ON にして深夜とか少し小さめの音量でクラシックの CD を聴く場合も、M.OPT OFF のほうがいいように思う。

サブウーファーなしで「ポップス」を長く何曲も聴くときは、M.OPT ON のほうがいい気がするけど、一曲だけなら M.OPT OFF のほうが良いように思う。CR-N765 のデフォルトは M.OPT OFF PM.Bass ON なので、M.OPT OFF もそんなにマズさはない。

JRF2020/4/283032

ただ、まだ迷っていてこれで固定的というわけではない。

JRF2020/4/288112

……。

追記。

クラシックを聴くときは、放送録画も M.OPT は OFF のほうがいいな…。ヴァイオリンとピアノの高いところは、M.OPT ON のほうが解像度が上がっていいと思っていたが、それ以外の部分は、M.OPT OFF のほうがエッジが効いてていいな…。ヴァイオリンとピアノってクラシックでは二大看板だから、そこが大事に思えてたけど…。M.OPT ON で太鼓の響きが補完されるのも、なんとなく人工的なうわずりに思えてきた…。

JRF2020/4/295850

「ポップス」を聴くときも、M.OPT ON だと電子音楽系でないアコースティックなポップスとかでよく聴こえることがあるというだけで、総合的には M.OPT OFF のほうが素直なのかもしれない。

M.OPT ON は盛り過ぎ=削り過ぎで、補完するなら、もっと微妙な感じで補完して欲しいと感じる…。CR-N775 ならその辺、改善してるということなんだろうか?

M.OPT OFF に傾きつつある。

JRF2020/4/293037

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »