宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

cocolog:93404686

ゲーム 3DS『カルドセプト』。やったー、ストーリークリアした。エイプリルフールだけど、嘘じゃないよう! (^^;。40戦30勝、めちゃ負けてるけど orz。 (JRF 1715)

JRF 2022年4月 1日 (金)

3月のはじめぐらいからやりはじめて、4月1日にストーリーをクリアした。「グローバル共有メモ」でつぶやいていたことの記録をコピペしておく。

JRF2022/4/18509

……。

○ 2022-03-08T06:37:59Z

3DS『カルドセプト』をプレイ中。ダーハン島のアルダとレオの組が倒せない。ググると、ここで詰まってる人も多そう。再度、他のところを訪問してカード稼ぎするほうがいいのかなぁ…。

JRF2022/4/12204

……。

○ 2022-03-08T06:38:14Z

3DS『カルドセプト』、アドバイスカーソルというのがあって、コンピュータが何をすればいいか教えてくれて、その通りで勝てたのだけど、でもそれだけならほぼ運ゲーで、パチンコやってるのと変わらない感じで、なんだかなぁと思う。ダーハン島で勝てないのはアドバイスに従いすぎなのか、ブック(デッキ)が弱いのか…。

JRF2022/4/16465

……。

○ 2022-03-13T17:08:33Z

3DS『カルドセプト』。ダーハン島の攻略に向け、カード集めに他を回ってる。でも、手を抜かれて勝ってる気がして自信が持てない。大会優勝者のブックに援護クリーチャーが多いから入れてるけど、アドバイスカーソルがうまく使ってくれない感じ。アドバイスカーソルに頼り過ぎでダメなのか?

JRF2022/4/17386

……。

○ 2022-03-14T16:57:48Z

3DS『カルドセプト』。ダーハン島攻略した。ただひたすら運が良かった。敵がつぶしあいして、領地のレベルアップをおこたり、転送円に引っかかってくれるなど。周回ボーナス込みで目標魔力7000ピッタリでゴールもできすぎだった。ありがたい。

JRF2022/4/15654

……。

○ 2022-03-29T03:06:46Z

3DS『カルドセプト』、クレイトス3のあとの行かなくてもいいダムウッドの森のザコルに二連敗して三度目でやっと勝った。私のデッキ弱すぎるのか? ブック火地を全国大会優勝者のデッキを参考に地を多くして援護中心に変えた物なんだけど…。

JRF2022/4/16427

……。

○ 2022-03-29T03:10:29Z

3DS『カルドセプト』、カザテガでも一敗。勝利へのヒントを参考にこれまでの火地ではなく火水のデッキを作って一勝できた。ただ、あからさまに敵同士のつぶしあいで、今その高レベル土地を攻められるとまずいというときに見逃してくれるとか、操作を疑うほど運が良かった。なんだかなぁ…。

JRF2022/4/15414

……。

『カルドセプト』は最初の数ターンが大事で、引きが悪いと、一度やめてやり直したほうがいいことに気付き、何度かその手を使って勝てたかな…というのもあった。対人ならダメだけど、CPU 戦ならそういうのもアリだろう。

JRF2022/4/12912

……。

○ 2022-03-31T18:35:45Z

3DS『カルドセプト』。やったー、ストーリークリアした。エイプリルフールだけど、嘘じゃないよう! (^^;。40戦30勝、めちゃ負けてるけど orz。

でも、これで、カルドセプトを「極めた」とは決して言えないが、基本操作は理解したと言っていいと思う。『易双六』の参考になればと学ぶ…という当初の目的は達した。

JRF2022/4/19930

負けたのは、ダーハン島で4回、ひとり対戦のゴリガンに1回、ダムウッドの森で2回、アトラ山で1回、カザテガで1回、プロムスデルで1回。

プロムスデルでは、攻略本と違い同性のセレナが同盟者になった。火属性単色がいいとのことだったが、火風のブック(デッキ)を作ってクリアした。

天空の祭壇もその火風をちょっといっじったやつで挑戦し、高額領地に誰も止まらぬまま、クリアできた。やはり運が良かった。

JRF2022/4/11930

……。

ちなみに 3DS『思い出きろく帳』によれば、『カルドセプト』のプレイ時間は、今のところ 41時間06分となっている。

JRF2022/4/21254

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »