宣伝: 『「シミュレーション仏教」の試み』(JRF 著)。Amazon Kindle で販売中!
技術系電子本。Python による仏教社会シミュレーション( https://github.com/JRF-2018/simbd )の哲学的解説です。令和4年3月11日発売。

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »

cocolog:93589923

2022年4月期・春アニメ。今期も地上波・BS・dアニメストアで様々なアニメを観た。プログラムやクラシック視聴に時間をまわしたいこともあって、絞って観るのは相変わらず。『まちカドまぞく』『本好きの下剋上』の続編が良かった。 (JRF 6799)

JRF 2022年7月 3日 (日)

前期の 2022年1月期・冬アニメ については、[cocolog:93409681] で言及している。

前期に引き続き、最近は毎度のことだが、今期も泣く泣く数話で切ったアニメがあった。プログラム・実験をしたかったのが大きい。また『プレミアムシアター』のオペラなどの視聴が多いのもアニメを観る時間を減らす要因だった。

さて、基本、短くいくつかコメントする。「グローバル共有メモ」で言及した部分についてはコピペしているが、「○」印と日付のあとに続くのがそれである。

JRF2022/7/31045

……。

『まちカドまぞく 2丁目』。「1丁目」は2019年7月期・夏アニメ [cocolog:91372757]。ギャグがおもしろく、シリアスもそこそこ良い。楽しんで見ていられる。今期一番楽しみにして、Twitter などの検索もしていた。作者の健康と無事の完結を願うばかり。

JRF2022/7/36449

……。

『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第3期』。これも前からずっとおもしろいまま。2期は2020年4月期・春アニメ [cocolog:92017073]。本を作るという側面よりも魔術的な側面が大きくなってる感じだけど、私は楽しめた。

JRF2022/7/39325

……。

『モーレツ宇宙海賊(再放送) 2クール目』。これもとても楽しみにしていた。映画の放送も観た。「決断」の重視は時代を感じるが、ちょっと抜けてるチアキちゃんとかおもしろかった。

JRF2022/7/37587

……。

『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中』。↓の通り何も考えずスカッとする異世界物だった。

○ 2022-04-16T05:20:49Z

アニメ『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中』2話まで見て心地よく、過度に複雑なストーリーにせず異世界を楽しめる今期の癒し枠か。1話冒頭のレイプ(未遂)シーンで振り落されない視聴者には、良いアニメなのかも。

JRF2022/7/38297

……。

『RPG不動産』。最後、シリアスで、主人公が死んで生きかえるまでやるのが意外だが、重くはなっておらず良かった。

○ 2022-05-05T22:05:20Z

アニメ『RPG不動産』。最近はきらら系もおとなしかったのにこれは「サービス」が結構ある。結局、強固なファンを得るにはそれしかないということか。

JRF2022/7/31988

……。

『勇者、辞めます』。なかなかハードな設定で、KADOKAWA 系でもいつもと違う感じで、意外に楽しめた。

JRF2022/7/39704

……。

『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』。乙女ゲーが舞台な割に男主人公で男性向けな作品。俺ツエー系だが、乙女ゲー要素があって悪役側に回るためか、ヒネリが効いてておもしろかった。

JRF2022/7/30879

……。

『パリピ孔明』。今期のダークホース的作品でおもしろかったが、KABE 太人の必要性がそこまでないように思えたのが残念。この辺は人によって解釈が違うかもしれないが。

JRF2022/7/37414

……。

『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第2期』。この作品というよりラブライブシリーズについて、ちょっとメモした。

JRF2022/7/36080

○ 2022-04-04T23:28:20Z

アニメ『ラブライブ!』のスクールアイドルという概念、良いなぁ。芸能界に残る者は俳優なり歌手なりになって基本は学生が終わると同時にアイドルから卒業する…というのは人権があるなぁ…と思う。

声優もスクールアイドル的に既存の・または課題のアニメに声を充てるのを学生の間競って、大半が学生を卒業するときには卒業してるみたいになれば、「健全」になるのではないか。まぁ、それが声優学校の実態なのかもしれないが。

JRF2022/7/39828

「本当のやりたいこと」というか社会との妥協点が見つかるまでのつなぎ業界がもうちょっとソフトになればと思う。

まぁ、私自身が社会との妥協点をいまだに見つけてないのが情けないところだが。

JRF2022/7/35102

○ 2022-04-24T11:37:18Z

アニメ『ラブライブ!』、スクールアイドルは善い概念と前書いた。ニジガクを見てると1週間未満で4人が歌とダンスを揃える不可能をやって、つまりファンタジーとわかるように描かれている。そこは親切だなぁ…と思う。

JRF2022/7/30469

……。

他、『史上最強の大魔王、村人Aに転生する』を観た。

JRF2022/7/39656

……。

アニソンは、『まちカドまぞく 2丁目』の OP が良かったかな…ぐらい。今期は、私の心に響きにくかった感じ。

JRF2022/7/35019

……。

ちょっと鬱っぽくなって、↓のようなことも考えた。

○ 2022-04-22T14:33:28Z Ft1iZ8a3A2

アニメ・ゲーム・クラシック…オタク的消費がとても無意味に思える。

JRF2022/7/38904

成熟経済において消費して支えることの大事さとか昔は考えたけど、私の鑑賞能力が成熟することもなく消費をなすのは違うんじゃないかという気がする。東日本大震災以降の日本が豊かさを目指すのではなく苦しくなるのを耐える時代、私個人はこれからの人生に役立つような消費というものがあるとして、そういう方向をできるだけ目指すべきように思う。これまでの自分を裏切るようで後ろ髪はひかれる…というよりいまさらそんな切り替えは難しいが。

JRF2022/7/39337

クラシックについては聞いてる間に考えることができるからヨシとする、浪曲は伝統を守るためにヨシとする…とか考えていくと結局何も削れなくなる。それも何か違う気がする。

JRF2022/7/34641

成熟した消費とは何か。クラシックの場合は決まっている。音楽理論を理解するまたは作曲家の伝記などから意図を読み解くことだ。浪曲の場合もふしや技術の理解が大事だろう。ゲームは技術が分かればいいという話ではないのが難しいところだが…。ただ、それらが私にできるかというとできない。一般人にもできる者は少ない。…とすれば成熟した消費をする者の消費を・生活を支えるという方向に行くしかないのだろうか。

JRF2022/7/33630

「評論家」から買う借りるまたはその論を元に買うのが吉なのか。公共事業などで便宜を図るのが吉なのか。私にはそれも難しい。どうすればいいのか。

私は MAD ビデオとか MOD とか CGM とか UGC とかに夢を見たのだが、著作者側があまり乗ってこないのは、それでは社会を支えられないという判断なのだろうな。

JRF2022/7/34936

……。

毎度同じく、こんなにアニメばっかり観てていいのかなぁ…と思う。クラシックやアニソンを聴いているか、アニメを観ているか、マンガを読んでいるか、ゲームをしているか、本を読んでいるか、ボーッとしているか…で一日が終わる。今期はプログラムはやってそれが数学に関することだったが、手を動かして数学にさわることはほぼなかった。

働いている方々には申し訳ないと思いつつ…。

JRF2022/7/33368

« 前のひとこと | トップページ | 次のひとこと »